2021-08-11

ひと目で健康的なやつだとわかる色艶

人からお勧めいただいたものは、なるべく「即実践」するように心がけている。

なぜなら、すぐに動けば、新たな世界へのきっかけとなるが、

少しでも先送りにすれば、記憶の彼方へ消えてしまうものだから。

昨日、夏バテ防止食材を探していたところ、

東京のK子様より、生のゴーヤを使うレシピをご紹介いただいたので、

神戸のマダムでごった返す高級スーパーへ足を運び、

よく実った値の張るゴーヤを仕入れてきた。

今日は、そんなこだわりのレシピをご紹介しよう。

 

キアヌ・リーブスが、どれだけ悪役を演じても、人の良さを隠し切れないように、

夏野菜たちも、ひと目で健康的なやつだとわかる色艶をしている。

 

旬の食材は、栄養価の高さだけではなく、味も格別に美味しいので、

適当に切ってオイルと塩で和えるだけで、立派な一皿が仕上がる点も素晴らしい。

 

なぜなら料理において、私は3種類くらいの技しか持ち合わせが無いので、

「ささがき」とか「三枚おろし」とか言われ始めると、

突然連絡が取れなくなる学生アルバイトのように、

全てを放棄したくなってしまうからだ。

ご存じ、野菜の皮は抗酸化作用を持つ「ファイトケミカル」の宝庫だが、

大抵の場合、皮は食感が悪く、不味いので捨ててしまうだろう。

 

その点ゴーヤは「皮」を美味しくいただけるのが素晴らしい。

食感はシャキシャキと歯切れよく、程よい苦みが余韻として心地よいが、

苦みが嫌いなら、塩と砂糖で下処理をすれば問題はないだろう。

この夏、コーラばかり飲んでいる私を見かねてか、

K子様は、梅と檸檬、マヌカを使ったサマー・ドリンクも紹介してくださった。

 

お惣菜コーナーの「ロースト・チキン」と

シャブリを用意すれば、もはや立派なご馳走ではないだろうか。

はて、私のことを「料理下手」だと言うのは、一体どこのどなただろうか?

 

PS(追伸)

Kは、偏屈で気難しい人物である。

それゆえ友達が少ないため、申請してあげると喜ぶに違いない。

関連記事

コメント40件

  • Sayuri Si says:

    Hello Mr.K!

    即実践の心と、複雑な肯定を回避したい脳の程よいマリアージュが、産んだこの作品。
    素晴らしいですね。
    ゴーヤという、夏の象徴である生命力の強さが、しっかりこの地球の大地に足をつけているKさんのお姿が想像できるようです。

  • 琴美✈︎kotomi says:

    Kさん、素敵な記事をありがとうございます。

    キアヌリーブスの例えが分かりやすすぎて、電車内で思わず画面に向かって3回ほど頷いてしまいました。

    なかなかゴーヤを食べる機会がないですが、トマトときゅうりと切って和えるだけとは、至ってシンプルで誰でも真似出来るレシピですね。

    「即実践は早く動けば新たな世界へのきっかけになる。」

    なぜリーダー陣が「即実践」を大切にしているのか謎が解けた様な気がします。

  • まれすけ says:

    シンプルな料理だからこそ活きる素材のよさ。
    夏野菜は特に食べると元気になりますね。
    それでもやはり、いい食材はお値段も張りますが、自分自身のメンタルや健康への影響を考えると、それもまた立派な第二領域への投資であるなと思います。

  • 真里 says:

    素敵な食材のシェアをありがとうございます。
    私はゴーヤを炒める調理しか行ったことが無いため、生ゴーヤサラダは新鮮なひと皿でした。
    お写真から新鮮さしか感じない野菜達はさすが高級品としてのみずみずしさが溢れかえっていますね!

  • あめ says:

    夏の燦燦と降り注ぐ日差しを一身に浴びた旬の夏野菜はシンプルな調理で頂くと美味しそうです。
     
    地元の野菜を求めて夏の日差しを浴びながらお買い物に行きます。
     

  • Mariko says:

    Kさん、確かにひと目で健康的なものと分かる一品ですね。簡単レシピ情報は嬉しいです!
    東京のK子さんにも、感謝いたします。

    ゴーヤというと沖縄フードのイメージですが、なんと北海道にある私の実家の畑でも、美味しいゴーヤを栽培しています。今年は気候が暖かいからかゴーヤがすくすくと育ち、隣りに植えたキュウリの域にまで侵入しています。

    せっかくなので、試してみたいと思います。
    お盆過ぎた後、北海道ではもう「夏バテ」という言葉はなかなか使いませんし、もう夏が終わった感じではありますが、まだまだ夏の食べ物は愉しみます!

    いつも興味深い記事をありがとうございます。
    感謝の気持ちでいっぱいです!

  • 若菜 says:

    夏らしい爽やかな一品ですね!

    LINEでは詳しいレシピもありがとうございます。
    「切る」「混ぜる」。
    工程が2つだけなのも魅力的です。
    simple is the bestですね^^
    オリーブオイルは和の調味料との相性も良いのですね!
    早速明日の夕食の一品にしたいと思います。

    K子さんはいつも体と向き合いながらお料理されていらっしゃるのでしょうね。
    私もそんな風に年齢を重ねていきたいと思いました。

    次回も楽しみにしています。
    ありがとうございました。

  • 亜也可.ayaka says:

    内側から滲み出るものは、たとえ押し隠しても漏れ出てきてしまう。
    人の目には見えないものを感じ取るアンテナが、それを察知するのでしょうね。
    キアヌリーブスの例えがお気に入りすぎて、30回ほど読み返してしまいました。

    人の感覚とは不思議なものです。

    自然とその季節ごとの野菜がやたらと食べたくなるのもまた、感覚に呼ばれているのかなと思います。
    全てを焼き尽くすのではないかと思われた今年の夏は、ずっとゴーヤに呼ばれていました。

    K子様より伝授されたK氏のシンプルなお料理は、野菜が喜んでいるように感じられます。
    生き物はきっとみんな、“ありのままのわたし”を見てほしいのですね。

    また、生き物はみんな素材が良ければ何をしても”サマ“になってしまう。
    そんな共通点が面白く感じられました。

  • Sota says:

    Kがこの発信をした翌日には、僕のインスタグラムのストーリーのスライドには
    ゴーヤサラダの飯テロならぬツマミテロが数日続いた。

    生まれてこの方、ゴーヤを食べたいとここまで思った日はない。

    お供に、白ワインなんて最高の極みですね。

  • 石黒知行 says:

    東京のK子さんのアイデアが
    神戸のKさんによって昇華され、
    ほぼリアルタイムで媒体も距離も乗り越え、
    また我々の新たなインスピレーションを生む

    この度一部始終を目の当たりにして、
    イノベーションは時間も空間も超えて起こる物
    なのかもしれない、などと感じ入りました

    近頃、食はおろか生活そのものに季節感の無い
    インドアライフに浸る日々から、そろそろ
    マイレボリューションを起こしたいと思います

  • 早紀 says:

    Kさん

    夏の代名詞の1つ、ゴーヤ

    とても爽やかなお料理で良いですね!

    昔から実家でも給食などでも
    ゴーヤといえば、ゴーヤチャンプル

    の一択のみでしたが、
    ほかに良い食べ方は無いものかな?と
    佃煮だったり、ピクルスだったり、
    色々試してみています。
    私も作ってみたいと思います!

    皮や、その付近に栄養素が
    より多く詰まっていることを学んでからは
    私も皮を剥かなくなりました。
    まだまだ皮付きでなんでも食べると
    びっくりされるので、
    この良さは広めていきたいです。

    またお料理のこだわり記事が出ることを
    楽しみにしております。
    本記事も素敵な時間をありがとうございました。

  • Makiko Kawano says:

    Kさん、本日もありがとうございます!
    とても魅力的な題名にそそられ、やって参りました。『ひと目で健康的なやつだとわかる色艶』最高です。教わったそばから、即実践されている姿を拝見しておりました。私は記憶の彼方へ消えてしまった知識がたくさんで、反省しています。
    農家の知人から譲り受けた、最高なトマトが家にあるので、実践したいと思います。

  • shingo says:

    ひと昔前までは、苦い食べ物として
    敬遠していましたが、最近では、
    おいしく食べられるレシピも
    たくさん紹介されているので
    とても助かっています。

    私の中ではゴーヤチャンプルーが定番で
    とても大好きな料理の一つです。

    熱を加えずに生のゴーヤをガリガリと
    食べたことがないので、次回は写真のように
    サラダとして食べることをトライしてみます。

    カルパッチョのようにタコなどをあえて
    みても美味しそうですね。

  • Yusei says:

    ゴーヤは苦味が凄いので今まで敬遠していましたが
    調理次第では美味しく、かつ栄養価も高い食材なのですね。

    今後は旬な食材を意識して購入してみます。

  • Yuto Ueda says:

    夏野菜、ゴーヤ。最高ですね。
     
    今夜の晩御飯のメニューが決定したみたいです。
    ゴーヤのほどよい苦味に浸りながら、ワインで晩酌してきます。

  • 留莉 says:

    即実践されるお姿に、思わず目を輝かせてしまいました。

    そのスタイルを真似できるように心がけていきたいです。

    お写真拝見しましたが、Kさんの選ぶお野菜とても艶があって、お野菜から隠しきれないオーラが漂っていますね!

    旬のものは栄養価が高さだけでなく、味も格別においしい。

    旬のお野菜って本当に味がぎゅっと詰まっていていますので、とても共感します。

    今日も素敵な記事をありがとうございました!

  • なかむぅら(中村) says:

    本日もCodawariの記事をありがとうございます。

    Kさんの「即実践」の考え方が素敵だなと、印象的でした。
    私も即実践の体質を身に付けるために、(早起きではなくて、)朝起き(目が覚めたら、二度寝せずに、さっと起きること)を実践しています。

    ゴーヤ、トマト、ナス、キュウリ、シソ、ピーマン、パプリカなどの代表的な夏野菜は趣味の家庭菜園で作っていますが、全く料理をしない(食べる専門と皿洗い専門の)私は、いつも朝採り野菜を妻に渡すだけですが、たまには食べたい料理をリクエストしてみます。

    私でも、即実践可能なCodawariを紹介いただき、ありがとうございます。
    東京のK子さんにも感謝です。ありがとうございました。

  • みきこ says:

    Kさん

    本日も、素敵な記事をありがとうございます!

    人から勧められたものを即実践されるところにも、Kさんのcodawariを感じます。

    神戸の高級スーパーとは、もしかしてい〇〇でしょうか?

    色艶鮮やかで新鮮な食材を手に入れるには、お店選びも大切ですね。
    鋭い観察眼をお持ちでいらっしゃるので、野菜コーナーで一番良いものを選ばれたことは、想像に難くありません。

    私も、近所では比較的名の通った〇〇屋に出向くところから実践してみようと思います。

  • Karin Ishikawa says:

    Kさん、本日も素敵な記事ありがとうございます。

    人から言われたことを即実践しているKさんはとても素敵だと思いました。私はなかなか後回しにしてしまって苦手だからです。確かに即実践することで今まで自分の知らなかった価値感が知れたりして可能性が広まることもありますよね。

    またお写真のゴーヤ料理、とても美味しそうだと感じました。夏バテにも効果があるということで私も今度調理してみようと思いました。

    本日もありがとうございます。次回の記事も楽しみにしております。

  • 翔平 says:

    Kさん、おはようございます。

    紹介していただいたその日に実践されるとは、
    即実行力に驚愕しました。

    以前のブログでもあった、
    睡眠の5分割やスマホとの距離感に関しての
    記事を実践するのに2日程かかっていまい、
    危うく、記憶の彼方へ消えてしまうところでしたが、実践して効果を凄く実感しているので
    これからは即実行を意識して、新たな世界へのきっかけを掴みます。

    私は沖縄在住なので、ゴーヤを口にする機会が
    多いですが、そのほとんどがチャンプルーです。

    ゴーヤを生で食べるという発想がなかったので、こちらも即実践させていただきます。

    今回の記事もありがとうございました。
    とても楽しかったです。

  • 真佑 says:

    Kさん、こんにちは。

    すぐに動けば、新たな世界へのきっかけとなるが、
    少しでも先送りにすれば、記憶の彼方へ消えてしまう”

    とありましたが、目の前にやってきた機会を自分のものにするか
    捨ててしまうかは瞬間の判断で決まりますね。

    この一文を読んで、機会を自分のものにするために
    アンテナを張っておかなければ!と気が引き締まりました。

    また、野菜の皮は健康に良いとは聞いていたものの、
    お恥ずかしながらどのように良いのかまではわかっていませんでした。
    抗酸化作用があるのですね。

    ”突然アルバイトの学生のように、
    全てを放棄したくなる”ということがKさんにもあるんだ。
    と意外でした。

    お写真のお野菜、本当に色艶がすごいですね。
    写真越しでも新鮮さが伝わってきます。
    手軽で栄養豊富な夏バテ料理にロースト・チキンを
    添えれば、おっしゃる通りご馳走ですね!

    参考にさせていただきます。
    素敵な記事をありがとうございました。

  • Nobutoshi says:

    即実践。
    自分自身も意識しているところです。

    キアヌ・リーブスはめっちゃわかります。
    ナイスなたとえですね!

    ゴーヤは食べると不健康になる気がしないので、何も考えず安心して食べられるんですよね。
    ジーマーミ豆腐とか海ぶどうとか沖縄の名産は体に良さそうですね。

    子供はまったく受け付けてくれないのが課題です。

  • 朋子 says:

    Kさん

    今回の記事は
    私も存じておりますK子さんから
    の紹介レシピですね。

    彼女は
    本当にお料理が大好きで
    私も以前リアルでお会いさせて頂きました時に

    めっちゃ美味しい手作りアップルパイを
    お土産に頂きました。

    昨日は
    彼女のグループLINEが
    この話題で、賑やかでした。

    このように人と人が
    繋がる場所が
    ある事に
    改めて感謝しております。

    私も早速ゴーヤ買ってきます。ワラ

  • Takako says:

    夏野菜は見た目も鮮やかで、見るだけでもパワーを貰えますね。
    野菜の皮に栄養価があると言うのは認知しておりますが、ゴーヤは元々皮をむくという工程がないので、「皮ごと」頂けるという認知なく食しておりました。
    そういう意味でもゴーヤが夏バテに効くというのもわかりますね。
    そしてKさんの行動力を見習いたく思います。
    情報のキャッチ力、実践力がコミュニケーションの上で大切で、今まで多くの方の信頼を得てきたのですね。

  • 雄貴 says:

    Kさん、おはようございます。
    本日もこだわりの一品をご紹介いただき、ありがとうございます。

    人からお勧めいただいたものを「即実践」する事。

    とても素晴らしいマインドだと思いました。

    また、それをおすすめした人にフィードバックする事で、おすすめした側も嬉しい気持ちになると思います。

    私は、貴重なお勧めをいただいたけど即実践できない時には、メモに残すようにしています。

    Kさんがお勧めしていただいてる数々のこだわりも、気になるものをメモしているので、順番に実践していきますね。

    次回も楽しみにしています。

  • mitsue says:

    Kさん、おはようございます。

    ゴーヤの鮮やかな緑がとても美しく全身で「俺は、身体にいいゼ」と言ってるように見えます。それに加えてリコピンが代名詞のトマトが色と食感を添える素晴らしいレシピです!
    「美味しい」という字は「美しい味」というだけあって、出来上がりの写真をみるとゴーヤの緑もトマトの赤もお互いが邪魔していない美しい1品です。
    きっとサマードリンクとも合い、「美味しい」時間を堪能されたと思います。
    素敵過ぎます☆

    本日も素敵な記事ありがとうございました。
    次回も楽しみにしています。

  • ショウ says:

    夏野菜が色艶で健康的か分かるように、いくら美容液や化粧水、メイクをしたとしても人も内面からの健康は色艶で分かってしまいますね。

    K氏と同じくKを使うK子さんのレシピは簡単な上に栄養価も高いのでほんと夏バテ防止にピッタリです。

    私もK子さんからぜひと教えられているので早速試します!!

  • ケイタ says:

    いつも素敵な投稿をありがとうございます。

    我が家では、
    マダムがごった返す高級スーパーではなく、
    腰の曲がった元気なおばあちゃんが手塩にかけて作った野菜を
    毎年いただき、体が喜んでいるのを感じます。

    ゴーヤももちろんそうですが、私が夏を感じさせてくれるのは
    朝採りの”茗荷”です。

    生でも、梅酢漬けでもいくらでも食べられ、
    食感もよく子供達も喜んで食べています。

    実家に帰る時が我が家でのちょっとした食育体験になり
    お陰様で好き嫌いのない、よい子に育ち、
    本物の食材の味を知るいい場となっています!

  • 肥田全弘 says:

    素材そのものを生かした、シンプルなものが良いですね。ワインに合いそうです…

    良いことは、即実践…さすがです。
    お話しして頂いた方も、相当喜んでる事と思います。

    例のコーラも天然の滋養強壮ですが、
    梅と檸檬、マヌカを使ったサマー・ドリンク
    があれば、夏バテの気配はないですね。

    今日もこだわりをありがとうございます♪

  • 秀直 says:

    ゴーヤ、キアヌ・リーブスと私にとっての心地好い名前が出てきて楽しく読ませていただきました。

    果物も野菜も皮の裏側に栄養が凝縮されていますので、私も出来るだけ皮ごと食べる意識は持っています。

    また緑色が大好きな色なのでその色がある方向に目が向きます。

    沖縄に10年程住んでいたことがあり、ゴーヤチャンプルーがおやつのような文化に最初は口を濁したものですがやはりその土地の産物はしだいに口の中になくてはならない食材の一部となりました。

    ギラギラの太陽と程好い潮風を浴びて育ったゴーヤはキラキラと海の中で光るミドリ珊瑚のような輝きがあり、今もついつい買ってしまう野菜です。

    今夜のビールのつまみはゴーヤチャンプルーに決まりです。

    ありがとうございました。

    • 牧野協子 says:

      こんにちは。
      ゴーヤサラダをご紹介して頂いたK子です。
      秀直さん、そこは試しに是非サラダで召しあがってみて下さいませ。

    • 秀直 says:

      協子さん

      こんばんは☆
      早速青果市場で青々としたゴーヤを買ってサラダで食しました。
      生でと、醤油と玉ねぎドレッシングとで食べました。

      夏の旨苦味を味わいました。

      今日のは宮崎のでしたね。

      余談ですが、私の家族にマルチーズとシーズーのハーフの雌犬がおります。
      10年ほど住んでいた石垣から一緒に連れてきました。
      もう20歳になりそうですが、ゴーヤ大好きなんですよ。

  • 江畑直人 says:

    Kさん、おはようございます。

    まずKさんがスーパー(ラグジュアリーなものに限るのでしょう)に足を運ばれることに驚きました。

    夏野菜などの旬の野菜も、栄養価が高いことをは知っておりましたが、野菜の皮に抗酸化作用のある「ファイトケミカル」が含まれているとは知りませんでした。

    たしかに野菜の皮は歯触りが悪く、美味しくないので、調理の際は除去しがちですが、
    ゴーヤであれば、その2つの条件が担保された上で、皮も摂取できるので、すごく良いですね。

    これまでなんとなく食べてきたゴーヤですが、これからは健康を意識した上で、目的を持って購入することができそうです。

    本日も素晴らしい記事をありがとうございます。

  • 貴明 Takaaki says:

    Kさん、おはようございます。
    今回は夏らしい爽やかな記事を投稿されたのですね。

    人から勧められたら即実践はKさんも実践されている考え方なのですね。つい先日友人にとてもいい服屋を勧められて値段度外視で店員が勧められた服を購入してきて新たな世界を知ることができました。

    ゴーヤにキュウリ、トマトどれも今の時期とても美味しい夏野菜を素材を活かした料理ですね。水分も取れて喉を潤せそうです。これにローストチキンと白ワインが加われば確かにご馳走になりますね。とても美味しそうです。

    蛇足ですが、Kさんがスーパーに行くことが意外だと思いました。しかしながら、これから口にするものを確かめるために自ら足を運びたいと考えられているのだろうとも思いました。

    今回も楽しく拝読させていただきました。
    有り難うございました。

  • りゅうき says:

    本日も素敵な記事をありがとうございます!

    人におすすめされたものをすぐに実践する理由にとても納得しました。
    そうなんです、忘れてしまうんです。

    僕もまだ完璧にはできていませんが、そこを意識していきたいと思います。

    ゴーヤは小さい頃に食べてから、苦いという印象があったので全く食べてませんが、すごく美味しそうです。

    夏野菜美味しそうなので、この時期にぜひ食べてみます!

  • Nobue says:

    本日のこだわり、楽しく読ませていただきました。

    “すぐに動けば、新たな世界へのきっかけとなるが、少しでも先送りにすれば、記憶の彼方へ消えてしまうものだから。”

    この一節には深く頷いてしまいました。
    思えば、日々の些細な判断や大きな決断まで、あらゆる選択によって今の自分が形成されているのだな、と。
    若い頃は”タラレバ”なシチュエーションを想定して、違う道を歩んでいる自分の姿を想像することもありましたが、年齢を重ねた今はそう思う事もなくなり自分を受け止められるようになりました。

    後悔しない人生のためにも、気になったら「即実践」のマインドが大切ですね。
    これからも自分の感覚を信じて歩んでいこうと思います。

    今回も文中の比喩が面白くて、
    “突然連絡が取れなくなる学生アルバイトのように、全てを放棄したくなってしまう”
    という例えには、若者あるあるで納得だわ! と微笑んでしまいました。

    シンプルに食すというこだわりのシェア、ありがとうございます。
    彩り鮮やかで盛り付けもお上手な写真を見て、しばらく食べていないゴーヤが食べたくなってきました。

  • 秀道 says:

    本日も学びの多い記事をありがとうございます!

    先日の某オープンチャットで東京在住のK子さんがご紹介していたものですね。それにしてもK氏の「即実行」が目で追い切れないほど高速でビックリしました!

    「即実行すれば早めの経験となり、後回しにすれば記憶の彼方へと消え去る」というのは仰る通りですね。僕も諸先輩方からの助言を後回しにしてしまいがちで、数日後には違う問題が立ち塞がってしまいます。最も大切な在り方を学ばせていただきました!

    それにしても、旬のお野菜の個性を引き立てたシンプルな調理で美味しそうです。僕たちの家庭でも生野菜を楽しみたいと思います。ありがとうございました。

  • ハヤト says:

    Kさん、こんばんは。

    早速お試しになるとは、行動の早さに驚愕しております。

    体に気を使った食生活を送っていると、塩だけで大抵のものは美味しくいただけるように味覚が変わってきますね。

    素材の味を楽しむことが本来在るべき食事だと思えます。

    ゴーヤは苦味を抜くために流水にさらす代わりに栄養価も抜けてしまうので、どちらを取るかでいつも頭を抱えています。

    本日もありがとうございました。

  • 孝輔 says:

    Kさん、こんばんは!
    今夜は夏にピッタリのレシピをご紹介いただきありがとうございます。

    四季問わずに健全に過ごすためには、旬の食材を體に入れることが大切だと、ここ最近になりやっと"体感"していたところでした。

    そのタイミングでこの記事が届き、僕にとってタイムリーな話題だっただけにより嬉しく思います。

    また、K子様のお気遣いが素敵だと感じまして、その姿が目に浮かびます。

    新しい世界をどこまでも広げていくために、即実践を心がけてまいります。いつもありがとうございます。

  • 牧野協子 says:

    Kさん
    codawariにまで記載して下さり、ありがとうございます
    もう、本当に恐縮でございます。
    私でも役に立てたことが嬉しくてたまりません。
    また、私でも投稿できる様な記事を楽しみにしています。
    夏バテはこれで大丈夫ですね!
    本当にありがとうございました

  • 記事へのコメント

    メールアドレスは公開されません