電動ミルに魂を売った愚かな人間へ

あなたは目覚めの一杯にどんなコーヒーを選ぶだろうか。 ある忙しい朝にはインスタントで済ますかもしれないし、別のある日にはコンビニのカフェラテを飲むかもしれない。 しかし私に言わせれば、挽きたての豆からコーヒーを淹れないなんて、ミッキーが肺炎をこじらせて欠席しているディズニーランドに行くようなものだ。 全ての親が、子に最初に教えるべきこと 【コーヒーは、挽きたての豆から淹れること】 私が親であれば、歯磨きやトイレよりも先に教えるだろう。 私が文部科学大臣であれば、理科の教科書の冒頭に太文字で書くに違いない。 最高のコーヒーを淹れるのは、たったひとつのことだけをすれば良い。 それはコーヒー豆をミルで挽くことだ。それだけであなたが淹れるコーヒーは250%美味しくなるだろう。 ミルは電動でも悪くはないができれば手動をお勧めする。 なぜなら電動では熱が伝わり、雑味が出やすいだけでなく、「豆を挽く」という重要な儀式を味わうことができないからだ。 これは我が家の教育が古典的だからかもしれないが、褒美とは労働の対価として得るものであり、電動ミルに魂を売った愚かな人間に珈琲の神がほほ笑むわけがない。 そのような家訓から私の家では、ひいおばあちゃんの代からの手挽きミルを使っている。 このKalitaのミルは、デザインこそ美しいのだが恐ろしく使い辛い。 美しい薔薇には棘があるべきだ。というのが作り手の見解なのだろう。 デザインと引き換えにミルとしての機能を殆ど失っており、よほど歯の噛み合わせが悪いのか、何回まわしても死にかけのロバの息くらいの量しか挽けない。 また両手を使わないと持てないほど重いため、前腕屈筋群を効率よく鍛えるために作られたのでは?と疑いたくなるくらいだ。 それでも、我が家のファースト・チョイスに君臨しているのは、美人のわがままには抗えないのと同じ原理なのだろう。 いわば「可愛いは正義」である。 こちらは、我が家のコーヒーサーバー(KINTO)。 理科の実験を思わせるデザインで機能的にも素晴らしい仕事をしてくれる。 紙フィルターを敷いて滑らかなコーヒーを飲むのも善し。 金属フィルターを通して、油脂を抽出するのも善しと使い勝手が良い。 そして、時間をかけてゆっくり湯を落とすと、珈琲豆がまるで学級委員長をからかったときのほっぺのように膨らみ、ナッツの香ばしさにシナモンのアロマ、青草や土のような自然な香りが取れて、何物にも替えられない甘美な時間を過ごすことができる。 それでもあなたが、缶コーヒーを採用するのであれば、もう私がお伝えできることは何もない。   View this post on Instagram   A post shared by CODAWARI (@k.codawari) しかし、私に言わせれば、挽きたての豆から淹れないコーヒーなんて、ミッキーが肺炎をこじらせて欠席している、ディズニーランドに行くようなものだ。 #KINTO #kalita #コーヒー #コーヒーミルhttps://t.co/Yve2rPcXlE — こだわりのイデアK (@Codawari1) May 24, 2021