2021-06-13

ワトソン君、このあたりには何かありそうだよ

ある種のひとたちが、オペラの鑑賞を愛して止まないように、

私は、美容室で過ごす時間が、この上なく好きである。

 

思えば学生の頃、友人の多くがお小遣いを投資し、遊戯王カードに熱中する中、

私はカードを我慢して、その分、美容室のヘッド・スパに使っていた。

 

学期末のテストで、良い点数を取れたときには、

両親を説得し、1日に3軒はしごすることもあった。

若気の至りとは、恐ろしいものである。

 

今でも、美容室で過ごす時間は、人生における愉しみのひとつだが、

サービスエリアの食堂で、気の利いたワインは決して飲めないように、

美容室を選ぶ時点で、勝負は始まっているのだ。

今日は、私が愛してやまない、神戸のサロンをご紹介しよう。

 

北野坂に佇む美容サロン、exlien(エグリア)

聞き分けの良いロシアン・ブルーを飼っていそうな上品な夫婦が経営をしている。

 

このサロンは、まさに長年、私の求めていた場所で、

「美容室とは、単に髪を切る場所ではなく美と癒しの体験である。」

という在り方を体現されているのだ。

 

そのため、どんな施術を頼んでも、まず40分のスパから始まる

オリーブ・オイルを使わないイタリア料理が存在しないように、

ヘッド・スパのない施術は、彼らの美学には反するのだろう。

 

マイクロ・スコープで頭皮の状況を確認し、

時期や状況に合わせて、適切なトリートメントを選んでくださるのだ。

一挙手一投足があまりに丁寧で、涙を流しながら、施術を受けたこともある。

 

そして、ここが最も重要な部分だが、

ご夫妻は、何かが終わるたびに、一級品の笑みを浮かべてくれる。

それは、ありがちな押しつけがましい笑みではなく、

一昔前の外務大臣が、園遊会で皇太子に向かって冗談を言い、

周りの人々がくすくす笑うような洗練された笑みだ。

はじまりのスパが終われば、

美術館のようなクラシックな施術台に通される。

 

適度に近況を報告した後、雑誌を読みながら、珈琲をいただく至福の時である。

いつも担当して下さる奥様は、私が何度通おうとも、一切の妥協を許さない。

 

つまり、シャーロック・ホームズが、証拠品を検証するときのように、

仰視と俯瞰を繰り返し、ミリ単位で調整を行うが、なかなか納得しないのだ。

ワトソン君、このあたりには、まだ何かありそうだよ

私の経験上、多くのサロンでは、一通りの施術を追えると、

最後に頭皮と肩回りのマッサージをしてくれる。

 

しかしそこに必然性はなく、ただ決まり文句のように3分ほど肩を揉むのだ。

「なぜマッサージをする必要があるのかわからないけど、

一応そういうことになっているので」という具合に。

 

しかしエグリアは、マッサージにも哲学があり、抜かりがない。

初めて訪れたとき、あまりに丁寧だったため

「こちらから合図を送らないと、マッサージが永延と続き、

追加料金がかかるシステムなのでは?」と心配になったくらいだ。

 

片頭痛持ちのご婦人は、このサロンの施術で、すっきり治るかもしれない。

そして、日本で初めて健康保険が適応される美容室が誕生するかもしれない。

ひとりの客に時間をかけすぎるため、ただでさえ予約が取りにくいのだ。

しかし、いつも応援して下さる読者のために、

感謝と敬意をもってご紹介させていただいた。

 

PS(追伸)

Kは、偏屈で気難しい人物である。

それゆえ友達が少ないため、申請してあげると喜ぶに違いない。

関連記事

コメント37件

  • ☆なが☆nagasan☆ says:

    Kさん、こんばんわ。

    私も
    頭を触られカット中やシャンプー中が至福のひとときです。
    そして
    今回の記事は技術的な部分と美容師夫妻の職人気質なところや屈託のない笑みの部分が
    私には響いてきました。

    人生において
    美容師さん医師そして弁護士や教師
    師匠や同志と出会うことほど嬉しいコトはないので
    Kさんの引き寄せの法則も素晴らしいですね。
    もちろん
    料理人や○○家などとの出会いも必要ですが
    Kさんのような御客様こそ迎える立場からすれば
    冥利につきます。

    Kさんのブログには人間愛と技術愛と思考を具体化させた人への応援歌がちりばめられ、見ている私達を善い気持ちにさせてくれます。
    この
    感受性の高さや想いやりが大好きでコメントを入れるのも
    大変に大切なひとときに私もなっています。
    感化され開花されるような感覚にもなっています。

    ありがとうございます(^_^ゞ

    季節の変わり目 いつもに増して ご自愛を。

    なが

  • Sayuri Si says:

    Hello Mr.K!

    ベッドスパ、気持ちいいですよね。
    そして、最高の美容室を見つけられたこと、素晴らしいです。Kさんを困惑させてしまうそのステキなご夫婦は、どのような人生を送りそこにたどり着いたのでしょう。
    ただものではない雰囲気が伝わってきました。

  • 貴明 Takaaki says:

    Kさん、こんにちは。
    記事を拝見させていただきました。

    Kさんは幼い頃から美容室が好きで1日に3軒はしごされるのは驚きですね。当時はテストについての話題があったのでしょうか。

    「美容室は美と癒しの体験である」は私にとって新しい考えです。美容の言葉は容姿を美しくすると書きますから、確かに単に髪を切る場所ではありませんね。

    ヘッドスパは丁寧に髪と頭皮を洗うことでより美しい髪に、マッサージは身体の凝りを取って笑顔を美しくするためでしょうか。もしかしたら、表情筋をほぐすことも含まれているのかもしれませんね。

    美の世界は広く奥が深そうで興味深いです。

    今回もありがとうございました。
    これからも楽しみにしています。

  • 琴美✈︎kotomi says:

    Kさん、いつも素敵な記事をありがとうございます。

    私も美容室で過ごす時間がとても好きで、今通っている所は4年目になり、いつも同じ方に切って頂いています。

    適度な距離感で接して下さり、静かに過ごしたい日もお喋りしたい日もその時の空気感で分かってくれ、私にとってはとても心地良い空間と時間です。

    ご紹介して下さった美容室がどんな施術も40分のヘッドスパから始まる事も驚きでしたが、学期末のテストで良い点数を取れたときには、
    両親を説得し1日に3軒はしごしてヘッドスパを愉しまれていたKさんに更にビックリです。

  • Nobutoshi says:

    こだわりのKさんにお答えできるこだわりの美容室。

    自分自身は髪を切りに行くところという認識しかないのでまた違う世界を見せていただきました。

    一級品の笑み。
    サービスも一級で笑みまで出されては鬼に金棒ですね。

    ご夫婦で営んでいるというのもすごく好感が持てます。

    人間くささがある所にサービスも回帰していくんでしょうかね。

  • Yusei says:

    美容室で過ごす時間、私も好きです。
    カットした後にシャンプーで洗ってくださる瞬間が特に気持ち良くて好きです。

    ヘッド・スパはまだ体験したことがないので
    私の「第二領域」リストに追加しました。
    機会を作ってみようと思います。

    ひとつひとつの動作に哲学があり、
    丁寧さが伝わる素敵なサロンだと感じました。

  • 雄貴 says:

    性別に限らず、髪の毛ってその人の外見を最も左右するといっても過言ではないほど、
    大切な部位だと思います。

    そんな最も大切な部位をお願いする美容室には、最もこだわりを持ってもいいですよね。

    カットやカラーの施術だけでなく、癒しを与えてくれるヘッドスパのサービスも付随する事で、

    気分がさらに上がる気がしてきました。

  • Yuto Ueda says:

    髪型、ではなく、美容室。
    また奥深い世界を見せていただきました。
     
    文章を呼んでいるだけで、その場の空間にいるような、どんどんと世界観に引き込まれていきました。
     
    帰国の際は是非とも訪れてみたい。
    この二分間で心を動かされました。

  • Rie says:

    私も美容室は好きなのですが、なかなかここだ!という所を見つけられていません。
    初回は良かったけど、次はちょっと適当だったりするとガッカリしてしまいます。

    こういうことから、色んな事が学べるのは嬉しいですし、むしろお客様をめちゃくちゃ満足させられる美容院はこれだけ少ないのか、、と思うと、1人のお客様に時間をかけてでも
    リピートされるほうが良いですね^^

    Kさんの言葉が美しくていつも読むのが
    楽しみです!!この美容院も行ってみたくなりますね。ありがとうございました^^

  • さよみ says:

    年齢と共に髪に気を遣う様になってから美容室選びに悩んでいました。
    今では、髪質や頭皮の相談もできる美容室も見つかりとてもお世話になっています。
    マッサージもとても上手にしてくれるので、自分に合うサロンはとてもリラックスできますね。なので市販のシャンプーやトリートメントじゃなくなり、美容室オススメの物を使って頭皮の洗い方の指導も時々受けています。

  • 秀道 says:

    Kさん
    素敵な記事をありがとうございます。

    美容室一つとってもお店の雰囲気、サービス、細部へのCodawariがあって学びが本当に多いです。

    個人的に衝撃を受けたのはその時の頭皮に合ったトリートメントを選ぶ。施術の後のマッサージをお客様が満足するまで継続すること。
    この2点です。

    僕が通っている美容室では、毎回同じ時間でシャンプーを行い、同じトリートメントを使用します。一見「安定」して良い施術をしている様に見えながらも、お客様が本当に欲しているサービスに寄り添えているかと言われるとそうでもない様に感じました。流れ作業のマッサージも同様です。

    このマッサージは保険を適用出来るのではないか?と思わせる様な専門外のサービスまで極めているお店の在り方に感動しました。

    僕もサービスを受けて感動の涙を流すほどのお店に出会うべく、様々なお店を体験してみます。

    ありがとうございました!

  • 秀直 says:

    床屋を見下しているわけではありませんが、美容室へ足を踏み入れたその時から何か格上げされたような気持ちになったのを覚えています。

    個人経営の難しい世の中においてここまでこだわりをもってお客様に接すること、技術においてもサロン内装にも事細かに気を使えるお店こそが生き残り続けられるのたなと感じています。

    散髪はただのルーティーンに過ぎずさっさと終わらせたいとイライラしてる自分が恥ずかしいですね。

    一つの工程の次にはまた次の楽しみとワクワク感とリラックスが待っていてまるで美容室というより癒しサロンのような場所。
    そんなところにも通いたいです。

    2ヶ月にいっぺんの散髪も毎週通いたいサロン見つけしてみようと思います。

  • まれすけ says:

    これぞまさしく一流のサービスなのですね。
    最初の丁寧なシャンプーから始まり、トリートメントの選択、細部まで厳密なカット、追加料金が発生するのではないかと思われるほどのマッサージ。
    一つ一つの工程にCADAWARIがあるのですね。
    もっぱら散髪屋にしか行かない私としては、美容室は女性が行くものとの固定観念にとらわれていて、なかなか足を運ぶ気になれなかったんですが、この記事を読んで、こんなお店ならぜひ行ってみたいと思っています。

  • shingo says:

    美容室、私も大好きです。

    今の美容室にしてから早2年ほど経ちます。
    Kさんが通う美容室とは違い本格的なマッサージは
    受けることはできないのが残念ですが。。。

    ベテランの女性が店主のお店です。
    マイクロバブルのシャワーで、マッサージしながらの頭皮洗浄と
    わざわざNYまで修行しに行って習得したNY式ドライカット
    と呼ばれる特殊なカット技法。
    そして、頭皮洗浄後に途中で出てくるTea。
    私にとってピッタリの美容室です。
    すっかり虜になり、どうせ行くのだからと、
    今年は12月まで予約済み、安泰です。。。

    KさんのCodawari同様にひとクセ、ふたクセ仕事に
    こだわりのあるお店は美容師というよりも
    もはや職人と言ったほうが良いのかもしれません。

    Codawariとは職人気質の一つなのかなと
    Codawariを持つ自分を自己分析をするように
    なった今日この頃です。

    貴重な情報、ありがとうございました。

  • 剛熙 says:

    Kさん。こんにちは。

    床屋から初めて美容室に通い始めた高校2年生の時、

    「ここは髪を切るだけじゃないのか!!」

    と気づいた衝撃もとてつもないものでしたが、

    今回の文章を読ませていただいて

    美容室という概念自体が一新されました✨

    自分の中で納得する美容室。そこにこだわりを持てば自然と身だしなみも整っていくような気がします。

    僕も探してみようと思います。
    ありがとうございました。

  • Toko says:

    Kさん
    いつも素敵な記事をありがとうございます。

    Kさんの洗練された言葉や雰囲気、人柄は、学生時代からもう作り上げられていたんだなと、エピソードを読み、そう思いました.

    わたしの学生時代は、ドラムに熱中して、休日は友人とカラオケにおふざけ、ブログの言葉をお借りするなら、断然遊戯王タイプの人間でした。

    ましてや、美容室にこだわりを持ったことなんて、生まれてこの方一度もなく、今でもお得に行けるところを探しては、また次へといった具合に…、Kさんと真反対の道をまっしぐらに進んでいる自分が少し、いや、だいぶ恥ずかしくなりました…

    普段から一流を追い求めるKさんだからこそたどり着いたその美容院は、王宮で接待を受けるようなそんな気持ちにさせてくれる美容院なのかなと想像を膨らませています。

    ホームページも実際に開いてみてみました。

    メニューの表示も、雰囲気も普通の美容院とは全く異なり、西洋の高級料理店のメニューを見ているようなそんな感覚にまでなりました。

    わたしの知らなかった領域を広げてくださるcodawariにはいつも感謝です^ ^

    次回の投稿も楽しみにしております。

  • minoru says:

    Kさん、こんにちは。
    いつも素敵なCodawariをありがとうございます。

    今回は素敵な美容室のご紹介をありがとうございます。
    この記事を拝見するまでの”美容室”の概念は「流行りの髪型にカットしてくれて、周りからオシャレだね」と言ってもらえるようにするために通うものだと思っていたのと、私の中で「髭剃り、顔そりをしてもらえないから・・」という変な拘りがあって、これまでの人生で美容室に行ったのは、”たった一度”でした。

    今回の記事で”美容室”に対する考えが、良い意味で覆されました。
    ありがとうございました。

  • あめ says:

    何故このサービスをするのか。
     
    その根本を知らず言われるがままに言われた事だけする。
     
    やらされてる感がありありなサービスは誰も幸せにしない。
     
    こちらの美容室のご夫妻のあり方を拝見し、自身の信念無くして良いサービスを創り出すことも継続する事も難しいのだと思いました。
     
    自身が実感して腑に落とすこと、リレーションさせていく事の両輪を回せるようになりたいです。

  • いくみ says:

    いつも素敵な記事をありがとうございます。

    資格を持った美容師の方に髪をいじってもらえれば
    どこの美容院でも良いんじゃないか?
    と思ってしまっていた自分が恥ずかしいです。

    髪の調子次第で気分も変わってくるほど
    髪の毛は大切な体の一部なので、
    美容院選びにもっとこだわり、
    自分の最高の美容院を見つけたいなと思いました。

    これからも素敵なCodawariわ楽しみにしています!

  • 早紀 says:

    Kさん
    
    いつも素敵な記事をありがとうございます。
    
    学生の頃のお金の使い方で、今も尚伝承されていて、絶対によかったと言えることは「旅」その一択になるなと思いました。
    旅の存在は何にも代えがたい経験をたくさんくれましたが、すごく悪く言うとその分付としてなのか他の分野は全て語頭に“そこそこ”をつけた安い、美味しい、可愛いなどの妥協MAXでした。
    
    美容院もです。重視するところが仕上がりや値段、全体的にそこそこ良ければ良し。その人の施術やお店へのこだわり、あまり考えていなかったです。髪の扱いも苦手で、どこもそんなに変わらない…と。
    
    でも人は人に魅せられる
    その人のこだわりがあって、その人の信念がある
    個人だから、こだわりを追求することができる
    
    そして先日やっと、そんな素敵なお店を見つけたので行ってきます。
    前前から予約して、楽しみで後数日なところにちょうど美容院に関連した記事を載せてくださって、楽しみもまた増幅されました。

  • 佐藤洋美 says:

    Kさん
    本日も素敵な記事をありがとうございます!
    私は18歳で美容師のインターン、23歳で店長になり、その後なんだかんだで10年近く美容師をやってきたのでとても興味深い内容でした。

    学生時代に1日3件のヘッドスパに行かれたとは他の学生さんとはお金の使い方がもはや違いますね!

    美容室は「美と癒やしを求める場」
    美と癒やしの両方が満たされなければお客様は満足し、リピーターにはならないと思います。
    Kさんの通われている美容室はご夫婦で丁寧なおもてなしをされる素敵な美容室ですね!インテリアもこだわりを感じさせ、とても素敵な空間!
    私は薄利多売な回転率を重視するお店にいた事もありますが、そこではスタッフも疲弊するばかりでした。

    マッサージは、施術する側も気持ちのいい表情をみると幸せを感じるのです。

    客としてそのサロンの技術を堪能したいです。

  • なかむぅら(中村) says:

    本日もCodawariの記事をありがとうございます。

    美と癒しを体現する美容室、私の中には無い概念でした。

    中世ヨーロッパの貴族の生活を思わせるような佇まいが、至福の時を予感させていますね。
    こだわりのKさんが、涙するほどの「おもてなし」。とても興味深く、好奇心がおさまりません。

    結婚して住む場所と共にいきつけの美容室が変わってから、自分にしっくりくるお店が見つからず、ジプシー生活を送っております。
    おそらくは「どの店で」ではなく、「誰に」を求めているのだろうと思います。
    店主のこだわりと雰囲気、自分の価値観に合うお店(担当)に出会えることは、人生を豊かにするために必要な出会いなのだろうと感じました。

  • Sota says:

    Kさん、いつも洗練された文章の提供ありがとうございます。
    とあるグループでの通話の場で、こちらの記事を皆さんが聞き耳をたてる中「朗読」させていただきました。
    10年ぶりの朗読で、後半口の中の水分がなくなり舌が回らなくなりましたが、みなさん喜んでくれたかのように思います。

    また、大人になって改めて朗読することで新たな魅力に気づけました。
    それは、子供達の前でお話しを読むように、、
    Kさんが書く世界が脳内に映像として流れ、自分自身がその場にいてKさんが最高のもてなしを受けているのが見えてくる。

    また、他のメンバーの朗読を聞くことは小さい頃によく見ていたNHK番組「お話の国」を見ていた時と同じような心の安定をもたらしてくれました。

  • 肥田全弘 says:

    お小遣いでベッドスパ通い…オシャレな投資ですね。感動体験の美容室…ただ技術的に優れているだけじゃない何かが感じられます。

    当店も、お小遣いで「美容整体」してもらえるような、上質体験な店を目指したいです♪

  • 摩衣 says:

    うっかり行けてしまう距離であるが故に、
    「自由意志を持たないカブトムシ」かのように、
    記事を読み終わると同時に、
    ほぼ全自動で予約を入れてしまいそうになりました。

    が、踏みとどまりました。
    予約が(予想通り)いま殺到してしまっては、
    K氏の至高の時間を奪いかねません。

    しかし、多くの読者がそう感じているように、
    「あの方が選ばれるのだから、何かあるはずだね、ワトソン君」
    と感じている、愛読者のひとりとしては、
    ほとぼりが冷める頃を見計らって…

  • YuTa says:

    Kさん、本日は美容室のCodawariのシェアありがとうございます!

    数年前の学生生活をしている学生だった僕は、まさにKさんの友人のように遊戯王カードへ時間とお金の投資を惜しみなくしておりました。

    今となってはあの時間とお金があれば今の1.5倍は美しく・逞しくなってたであろうに、、と思ってしまうほど熱中していたので、グサグサと刺さるものがあります。

    僕はつい最近になってようやく美容室についても深く考えるようになっておりましたが、情報が溢れすぎる現代の波に飲まれマルチタスクになり「ネットの情報だけでは何が違うのかさっぱり」と白旗を上げておりました。

    ‘’美容室とは美と癒しの体験”これを体現している美容室を探して、心身ともに癒し、美しく洗練させてくれる場所を選べば良いのかとあう、ある種のゴールを見定めることができました。

    髪型だけにこだわるのではなく、美容室までこだわる。
    次髪を切る時は、少し背伸びをして新規開拓をしてみようと思います。

  • 美希 says:

    私は美容室を訪れたことがありません

    幼い頃、母に連れられて行った床屋で衝撃的な髪型になってから、今までずっと自分で髪を切っています。
    好きなように髪を切れるという特権と自分でやったからという謎の言い訳で髪型を決めこんで…。

    しかし、最近になってそれぞれに一流のプロがいるのだからいつまでも我流ではなく専門家に頼みたい。と考えるようになりました。
    至福のヘッドスパと施術に出逢える日を楽しみが楽しみです。

  • みゆき says:

    ヘッドマッサージが上手な美容室を私は最近見つけ、癒やしの時間が増えた所でした。

    美容室というジャンルは同じでも、場所によって中身が全然違い、心地よさや満足度が格段と代わり毎日でも通いたいと思ってしまう程。

    暖かい気持ちにさせてくれるその場所へ丁度、明日予約しているので楽しみが増えました。

    素敵な記事を今日もありがとうございました!

  • tomoki says:

    本日も素敵な記事を読ませていただきました。

    私は昔、いかに安いところを探すか
    というお恥ずかしい考えでした。
    いまは美容院のスタッフの人柄や
    自分がリラックスできるか、
    仕上がりなどで、決めています。
    結果ずっとそこに通い続けることになりました。

    周りの友達がカードを買う中
    自分のこだわりを貫くKさん
    本当にかっこいいです!

  • 若菜 says:

    いつも素敵な記事をありがとうございます。
    そして先日はVIPへのご招待もありがとうございました。
    深夜、ふと見たメッセージに飛び起きてしまいその後数時間眠れませんでした。

    さて、記事のコメントです。
    以前のブログで学生時代に頻繁にサロンに通われていたことを拝読していましたが、まさかご両親も説得されて行かれてとは・・!
    自分の息子が同じような事を言ってきた時どのような対応をすべきか一瞬悩んでしまいました笑

    いつも素敵なヘアスタイルをされていらっしゃいますが、ここのサロンから産み出されていたのですね^^
    内装も重厚感があって素敵です。

    サロン選びは難しいなと感じていました。
    口コミで友人にオススメされた場所も、何か違うなあと感じることがよくあり、長らく美容院ジプシーでした。
    ここならずっと通いたいと思えるサロンを最近開拓した所です。
    コース料理だから仕方なく、と言っているような新人さんのマッサージにも「?」と思ってしまい、歳だから仕方ないかなと思っていた矢先の出会いだったので、
    個人的に永く通いたいなと思わせてくれたサロンでした。

    これもトライアンドエラーで、実際に行動してみないと本当に合うサロンかどうかは分からないものですね。
    何軒お店を変えたか分かりませんが、飽くなき挑戦が導いた出逢いかもしれません^^

    次回も楽しみにしております。
    ありがとうございました。

  • 椎名絹江 says:

    Kさん
    素敵な美容室の紹介ありがとうございます。
    美容室お気に入りそこのあり方のが素晴らしいおもてなしがみえます。

    私も福井にすんで6年あまりですがやっとお気に入りの美容院ができました。
    そこの名前は「IIO{アイアイオ」のスタッフは若い人です。みんな常連なのかしら
    笑いと話し声で部屋の空気が明るいのです。
    なんでもないことをついつい話してしまいます。

    それでもすごい気配りができています、やっぱり気持ちいいのがヘッドシャンプー
    このようなこだわる中で、私がやっていらないというのが肩揉みなどの
    マッサージ、それ以外は気持ちよいサービスをしていただき、いつもいくのが楽しみです。
    美容院って気分が豊かになっています。

    いつも素敵な記事をありがとうございます。

  • 澤見優子 says:

    こんにちは。
    私は16年、同じ方に切ってもらっています。
    その方の店舗が変われば、私も同じようについて行きます。
    美容師さんに会いに行くために髪を切る、という感覚かもしれません。

    施術が素晴らしかったのでしょうが
    涙をながすほどKさんの心の中にあったものは何だったのか
    とても気になりました。

  • 貴子 says:

    素敵なサロンのご紹介ありがとうございます。

    一読して今すぐにでも駆け込みたくなりました。

    そして、ご夫婦のプロとしてのおもてなしの真骨頂を見た気がします。

    Kさんのヘッドスパを愛するお気持ちも伝わりましたが、一日に3回ともなると、親心としては少々心配してしまいます。

    ご両親の寛容さとKさんの説得力に感嘆します。

  • 安藤達也 says:

    素敵な記事ありがとうございます。
    技術は、もちろん、心の豊かさを求めているのも今の時代。
    ある意味、他と差を付けるためには、美容室でもエンターテインメントが必要になってくるんでしょう。
    次の記事も楽しみにしております。

  • 孝輔 says:

    Kさん、本日も引き込まれる文章、そして『Codawari』のシェアをありがとうございます!

    この記事を読むまでの僕にとっての美容室は"形式を整えるだけ"の空間でした。

    「髪型が整えばそれでいい」
    「接客も悪くなければそれで満足」

    そのような考えでした。その生き様はそれ相応の美容室を引き寄せ、心ここに在らずの決まり文句のようなマッサージを受けていました。

    Kさんが通われる美容室とは、真逆を行く美容室に通っていた自分を良しとしていたことが恥ずかしくも感じています。。。

    Codawari1つので読む人が『生き方を改めよう』そう思わせる、この文章が生み出されるまでの格闘が形となり"美しさ"を読者に感じさせているのだと思います。

    素晴らしきCodawariそして、人生をより良くする気づきをありがとうございました!

    次回の記事も楽しみにお待ちしております!

  • 真里 says:

    幼い頃、きょうだいが多く山奥の田舎に住んでいたこともあり、幼い頃は祖母が髪を切ってくれていました。そして物心ついたときに初めて美容室へ行ったときに、髪の毛のカウンセリングがあることを知った衝撃は今でも忘れられません。
    そして、美容室に関することで人生2回目の衝撃を文章で感じるとは思ってもいませんでした。マイクロスコープで頭皮チェック?40分のヘッドスパに入念なマッサージ、こだわり尽くしの内容に度肝を抜きました。そして洗練された店内、老舗店といえばオブラートに包んでもくすんだバニラ色のイメージを思わせるのですが、そういった印象は一ミリもなく、椅子や鏡に至るまで美しいです。
    プロとはどういった人の事を言うのか、私の青リンゴのような感性でも触れることが出来た事に感動しています。

  • りゅうき says:

    本日も素敵な記事をありがとうございます。

    美容室。
    ここにもKさんのこだわりがあったんですね。

    僕は小さい頃から通っている美容室があります。
    そこ以外はほぼいったことがありません。

    理由は新しい美容室に行くのは少し怖い。
    髪に対してあまり関心がなかった。

    この2つが挙げられます。

    お気に入りの美容室を見つけることは、
    人生を豊かにする一歩ですね。

    僕も勇気を出して、
    自分にあった美容室を探してみます。

    いつもありがとうございます。

  • 記事へのコメント

    メールアドレスは公開されません