2021-05-25

あなたが住んでいる星の話だ

これは極めて個人的な意見だが、私にとって【地球儀がない部屋】は、本のない図書館、あるいは魂の抜けた肉体と同じようなものだ。

地球儀は一般的に子どもの学び道具、あるいは気取ったインテリアだと捉えられがちだが、元来は、王族や貴族、学者や冒険家など一部のエリートだけが持つことを許された宝であり、今でも欧米では大人のステータス(成功の象徴)のように扱われている。

今日は我が家の地球儀をご紹介しよう。

私のファースト・チョイスは、リプルーグル社のアンティークだ。

リプルーグルは魔法使い業界でいうところのハリー・ポッターであり、ボディビル業界のアーノルド・シュワルツェネッガーのようなものである。

ベタ過ぎて肩透かしを食らわせてしまったかもしれないが、その他大勢の作品と比較しても王者の貫禄を感じる一品だ。緯度尺やス

タンドまで含めデザインは洗練されており、背後に洒落たオレンジ・ワインを並べても自然に馴染んでくれる。

また機能面でも、完璧な尺図の上に山岳部を隆起させているため、アルプス山脈やピレネー山脈の長さも手で触れて体感することができる。

日付変更線の正しい位置が気になると眠れなくなる変態(私のように)でもない限り、尺図や隆起に興味は持てないかもしれないが、あなたが普段みている地図は丸い地球を無理やり正方形に投影しているため、北や南に向かうほど大きさや形に歪みが現れ、実体とは全く違う姿をしている

たとえば、ヨーロッパ全土と同等のサイズに見える【グリーンランド】も、地球儀で見ると全く違う姿をしていることにお気付きいただけるだろう。

他にも、中国より大きな氷の大地があることをご存じだろうか。地球には、ほとんど海しか見えないアングルがあることに気付いただろうか。私たちが住めるのは、林檎の皮くらい表層であることを感じているだろうか。

ここれらは、あなたが住んでいる星の話だ。

この機会に地球儀を手元に置き、確かめてみてはいかがだろうか。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by CODAWARI (@k.codawari)


関連記事

コメント33件

  • Sayuri Si says:

    Hello Mr.K!
    地球儀って、人間でいう人体模型ですよね。
    宇宙人は宇宙儀を持っているのでしょうか?
    地球人として誇らしく、地球儀はひとつあると世界観も広がり、思考は無限大に広がりそうです。

  • ☆なが☆nagasan☆ says:

    Kさん、こんにちわ。

    私の実家にも大きな地球儀がありました。

    当時の我が家は両親がとても仕事熱心で
    何不自由なく生活させていただき
    望遠鏡やガラス扉付きのアンティークな本棚に世界の歴史書や偉人伝が収められていました。
    ただ
    Kさんのようにアート感覚もなく何かを得ようとするコトもなく風景のように佇んでいました。
    今こうして
    Kさんのブログに触れて思いおこすと残念で
    「勿体ない」コトをしていたな…と

    思い立ったが吉日、今から孫のために用意しときます(o^-‘)b !

    なが

  • 中田侑次郎 says:

    Kさん、こんにちは!
    記事を拝読しました。

    欧米では地球儀が大人のステータス
    だなんてことは知りもしませんでした!

    『大人のステータス』こんな言葉に
    めっぽう弱い私は、思わず
    地球儀が欲しくなりました!

  • 石黒知行 says:

    読後、矢も盾もたまらず、家で唯一の地球儀を
    引っ張り出して食い入るように眺めています。

    それは空気を入れて膨らますビーチボールのような
    もの(ほぼ日のアースボール)ですが、
    昨今萎みかけた私の好奇心と想像力は
    もう既に、パンパンのビーチボール状態です。

    地球儀を側に置いて行うワークはまるで別物、
    仰る通り、肉体に魂が吹き込まれたようです。

    南極の海岸線を一周したら
    世界各国の基地の人と会えるかな、とか
    ポリネシアの無数の島を一筆書きのように
    巡るヨット旅行はちょっと大変そうだな、とか
    おとなになってからは考えもしなかった、
    無邪気な思考が湧いてきます。

    地球中を自由に旅出来るようになったら、
    このビーチボール地球儀を小脇に抱えて
    飛び回りたいです

  • ショウ says:

    私の中で地球儀といえば、指先にのせたバスケットボールのようにクルクルと回したり、もしくは奇抜な衣装に身を包んだとある方が国名を声高らかに言うぐらいだ。

    その地球儀もやはり王者の貫禄があるものを持てば、さすがに扱いも変わる。

    そして持つなら相応しい部屋も用意しておく必要がある。
    というよりは持つ時にはすでに部屋もあるだろう。

    大人のステータスとしてぜひ1つ持っておきたい。

  • 貴明 Takaaki says:

    Kさん、おはようございます。
    今回も楽しく記事を拝見させていただきました。

    長方形の外枠に収められた世界地図は実際と異なることは知っていましたが、実際にどれだけ違うのか見て触れなければわからないことだと再認識させられました。

    さらに記事にある地球儀は山岳まで表現されていることから地理的な知識もさらに深くなりそうです。この地球儀は海溝も表現されているのでしょうか?海は未知の部分が多いためにわかる範囲になりそうですね。

    今やスマホでも地球を俯瞰して見れますが、スマホは平面なのでやはり正しく見るためには地球儀の方が軍配が上がりそうです。

    今回もありがとうございました。知見が広がったと感じています。

    これからも楽しみにしています。
    ありがとうございました。

  • 翔平 says:

    リプルーグル社のアンティーク地球儀、とても素敵ですね。

    これまでの人生で地球儀に触れた機会は
    1度あるかないか、です。
    自分の住んでいる星のことも全く知らない
    状態で生活を送っていることが恥ずかしくなりました。

    地球には、ほとんど海しか見えないアングルがあることにもとても興味深さを感じました。
    さっそく地球儀を探して、さまざまな角度からの地球を探究してみます。

    今回の記事も楽しかったです。

  • 美紀 says:

    何十年と今まで生きてきて、地球儀を持つ必要性を全く感じたことがありませんでした。
    しかし、「地図は丸い地球を無理やり正方形に投影しているため、実体とは全く違う姿をしている。」
    この記事を読んで、ネットで調べたり、誰かから聞いただけの話で知っている気になるのは、本当は何も分かっていないことになるのかなと思いました。

    何事にも実際に見る、聞く、触れる、体験することを生活に取り入れていきたいです。

  • Yusei says:

    地球儀を持つことに様々な意義が感じられました。

    いつか世界中を旅したいのならば、
    持っておくべきアイテムのひとつですね。

    パイレーツ・オブ・カリビアンの音楽を聞き、地球儀を回しながら、
    世界中を駆け巡る妄想の旅へと出かけてみたいものです。

  • tomoki says:

    おはようございます。

    平な地図と、地球儀が
    違う形をしているなんて
    思いもしませんでした。

    冷静に考えると本来丸いものを
    平らにしているので当たり前ですね…

    お恥ずかしいですが
    私が住んでいる星のこと
    全く知らなかったです。

    知るきっかけを与えてくださり
    ありがとうございます!

  • 琴美✈︎kotomi says:

    この記事を読んで率直に「なぜ自分の住んでいる星のことを私は何も知らないんだ」と愕然としました。

    旅が好きな私にとって地図はとても身近な存在で、部屋に台湾で買った山などが隆起し立体的な地図がありますが、それを買った理由も「平面じゃない地図カッコいい!」という恥ずかしいくらい単純な理由でした。

    中国よりも大きな氷の大地があることも、ほぼ海しか見えないアングルも、私たちが住めるのはリンゴの皮くらい表層なことも全く知りませんでした。

    今日一日ずっと頭の中の地球儀をグルグル回して、中国よりも大きな氷の大地やほぼ海しか見えないアングルを探す旅になりそうです。

  • ゆかり says:

    小学校の頃、勉強はそれなりにできたのに社会の授業が高学年から始まったとたんそれだけは成績が良くなく、
    それは学生時代ずっとでした。
    自分でも不思議なくらいです。

    旅は好きだけど地図はだめ。
    新しい場所へ行く前は、真剣に地図と睨めっこしますが、いざその場所へ行くと予習なんて意味なく、迷ってばかりいます。
    それも旅らしくて好きですが。(笑)

    なので地図はどうも苦手意識がありました。

    地球儀となるともう全く縁がありません。
    山岳部に隆起が?!海しか見えないアングル?!
    気になって仕方ありません。

    少し興味を持てそうです。

  • ケイタ says:

    Kさん

    40年程前を思い出させてくれました。
    わたしの所有していたのは日本における
    学用品業界の巨人、ショウワノートの地球儀です。

    小さな頃から触れていたので、
    地理が得意でほぼすべての国旗すら覚えていました。

    時が経ち、合理性を求め、まあるい地球をみやすさのために
    歪められ、偽物の世界を見せられていたことにようやく気づきました。

    この記事を読んで、
    合理化の中で、いくつもの”本物”に触れられていないのかと思うと
    ゾッとしたとともに、それを探るのも悪くないなと感じました。

    わたしの子供にはちょっと遅すぎるので、
    十数年後孫ができたら”歪みのない本物”の宝を贈りたいと思います。

  • 淳弥 says:

    僕が幼い頃、壁に貼ってあった世界地図をずっと眺めたり、日本の都道府県パズルゲームで遊んだりした記憶があります。

    この美しい地球に生まれたからには、地球儀を眺めて実際に足を運んでみるのが楽しそうですね!

    中国よりも大きな氷の大地。
    ほとんど海しか見えないアングル。

    考えただけでもワクワクします♪

  • 大海 says:

    Kさん、素敵な記事をありがとうございました!

    地球儀”なんて”ただの知育玩具だと思っていました。
    子供のころに、世界を知るためではなく、ただくるくる回すために手元に置いていたのを思い出します。

    ”なんて”といっている時点でまだまだ僕の知らないことは多いんだろうと感じます。

    次回の記事も楽しみに拝見いたします。

  • Makkii H says:

    小学校入学のほんの少し前

    大方の園児は
    これから踏み込む新世界と
    ピカピカのランドセルに
    目を輝かせていたのだろうが

    私はといえば
    私立に編入の決まったいとこから譲り受けた
    ヤンキーばりに
    両サイドが潰されたランドセルに
    友達100人の夢も希望もなく
    やさぐれていた

    そんな私に祖父が贈ってくれたのが
    当時の私の顔より大きいかと思われる
    地球儀だった

    もちろん、
    価値の分からない私が
    それで機嫌がなおるはずもなく…

    ただ、
    私の日常に溶け込んだ地球儀は
    世界がすべて繋がっていることを
    無言で教えてくれていたように思う

    戦前、
    プロレタリア詩人として活動するも
    国家統制による弾圧で詩作を断念し
    戦後は実業一筋に生きた祖父

    地球儀に込める何かが
    あったのかなかったのか

    K氏の記事は
    私の記憶を呼び覚まし

    想いは一気に
    昭和のあの時代へと
    飛ぶのであった。

  • 雄貴 says:

    自分が地球人である、という自覚を持っていれば、地球の正しい地形を知っておくのくらい当然の事だと考えさせられました。

    僕自身がこだわりの地球儀を一つ購入して、代々受け継いでいきたいと思います。

  • 貴子 says:

    こちらの投稿を読ませて頂いた直後、なんと!頂いたカタログギフトに載っているではありませんか!これは運命と言わんばかりに即決しようとしましたが、主人に聞いたらティーカップセットがいいとのこと。
    むむむ、危うく夫婦喧嘩が勃発する所でしたが、よくよく見ると地球儀は日本語版でした。
    やはり世界を見るならば英語版が欲しいので、今回はティーカップに軍配が上がりました。
    即断即決も大事ですが、盲点に気づかない時もあるので、Kさんのようにじっくり日付変更線の位置が気になるくらい物事を多角的に捉える目を養って行きたいものです。

  • 亜也可.ayaka says:

    日常の細かなこと・世界で起こる大小のこと、そういった事に時々関心を向けながら、どうして自分が住む「地球」に興味を持ってこなかったのだろう…?

    「地球儀は一部のエリートのみに持つことが許された」という一文から、成功者と言われるような人々は何故か不便な急勾配の丘の上に住み、成功の象徴のひとつとして高層マンションに住むことが上げられたりと「高いところにいる」というイメージが連想され、
    高みから地球まるごと見ることができる地球儀はそういう意味でも、エリートに許された所有物なのかもなぁ、などとそんなことを取り留めもなく考えてしまいました。

    地球儀は青いイメージですが、アンティーク調の色により品格と冒険感が備わり、まさに一流の方にのみ許された宝、という全くの別物に感じられます。

    今日もKさんのcodawariのおかげで、素敵な午後を約束されたような良い気持ちになりました。

  • 美保 says:

    私達が住める場所はりんごの皮くらい表層である。

    地球儀を普段から手にしていないものからしたら、なんとも信じ難い事実ですが、実際それがそうなのだ。とこの記事をみて納得したのちに、自分の住まう星がいかに奇跡のようであるかと感動しました。

    当たり前のことがそうではない、という大切さを感じるために、日常に凄く必要なたからものですね。

  • Yuto Ueda says:

    ほんの一ヶ月前まで、地球儀が傾いていることも、傾いている理由も分かりませんでした。
     
    その奥深さを知ったとき、初めて地球儀に対して興味が沸きましたが、
    「一部のエリートだけが持つことを許された宝」
    という表現を拝読し、
    まだまだ自分自身が子供だったことを思い知らされた気がします。
     
    地球儀をインテリアとして。
    また新しい世界への扉を開いていただき、ありがとうございます。

  • 美希 says:

    これは私が住んでいる星の話だろうか。
    もしや別の星の話なのではないか、と思ってしまうほどに、私は地球に対して無関心だったと気付かされました。

    地球儀の購入はパートナーに反対されましたが、地球のことや世界のこと、より目を向けて深い学びにしていきます。

    今回も素敵な気づきをありがとうございました。

  • さよみ says:

    私の家にも地球儀があります。音声機能付きで、多言語の言葉でタッチペンをタッチした国に当てると音声がその国の言葉で国の名前を教えてくれる地球儀が何故か家にありますが棚の片隅に置かれたままなので、目に入った時に、触れてみようと思いました。

  • まれすけ says:

    北や南に向かうほど、大きさや形に歪みが現れ、実体とは全く違う姿をしている。
    この記述にハッとさせられました。
    普段見ているものが実体ではないケース、この世の中にたくさんありそうです。
    自分は本当の姿なのか、これは在り方の問題でもあると思うのですが、無理に違う自分を演じていないかを再確認するきっかけになりました。
    地球儀の山脈の盛り上がりに触れるように、手を伸ばせば触れられるくらいの存在でありたいと思う反面、Kさんのように本当にいるの?って思われる存在にあこがれる気持ちもあります。
    そこにたどり着くまでトライし続けます。

  • 真里 says:

    地球儀に触れないことがどれほど人生に影響を及ぼすのか恐ろしくて、32万円はたいて買ってしまいたく魔法がかかっているような記事ですね。地球儀を完成させるまでに必要とされた、経費、時間について、今まで食べた食パンの数ほど考えたことがありませんでしたが、記事を拝見し納得するばかりです。また、平面の地図というのは各国で表記が違うので、やはり地球を”正確に”認識するには地球儀以外の選択はありませんね。バックが青ではなく上品な黄色だからこそ地球の歴史を色彩から感じ取るのは私だけではないはず。朝からアートに触れることが出来て気持ちがいいです。

  • りゅうき says:

    素敵な記事をありがとうございます。

    最後に地球儀を見たのはいつだろう。
    それくらい全く興味がありませんでした。

    確かに、自分の住んでいるところなのに
    全く関心を持たず知ろうともしない。

    そんな自分でいいのか。
    自問自答していました。

    僕も地球儀を持つのにふさわし人間になれるように
    日々努力していきます。

  • いくみ says:

    地球儀を使って、いかに速く回せるかを競う遊びをしたのが、地球儀に最後に触った記憶です。

    私はおもちゃとしてしか扱ったことがない地球儀でも、
    Kさんの大切な生活の一部になっていたと知って驚きました。

    素敵なcodawariをシェアしてくださりありがとうございます。

  • 剛熙 says:

    このブログを読む前、地球儀と聞いて真っ先に思い浮かぶのは「レボリューション」な芸人という自分に不甲斐なさが込み上げてきます。

    今は人工衛星などの出現もあり当たり前のように世界全体を見渡すことができますが、たしかに地球の形のまましかも一目で見ることのできる地球儀とはまさに【成功の象徴】と言われるのも頷けます。

    自分が住む星のことでさえ、ましてや国のことでさえよく知らない自分を帰るべくまずはこの地球儀を購入してみようと思います。

    素敵な文章をありがとうございました!

  • かな says:

    地球儀の無い部屋は魂の抜けた肉体も同然…Kさんにとって地球儀はとても存在意義があり大切な物なのですね!
    縮小されているとはいえ、自分が住んでいる星が観察できることはとても不思議な感覚がしますね(*´ω`*)✩.*˚
    地球儀は小学生の頃に社会の時間でちょっと見たことがあるくらいなので、マイ地球儀を傍に置きじっくり眺めてみるのも楽しそうですね!

  • 若菜 says:

    リプルーグル社のアンティーク地球儀、本当に素敵ですね。
    いつも背景に置かれているのを拝見していて、どこのものだろうと密かに気になっておりました。
    画面越しでは分かりませんでしたが、地形が隆起しているのですね。
    見聞きするだけではなく、触れることで分かる、私たちの星。

    このご時世なかなか日本の外に出向くことは難しいですが、
    手元に地球儀を置いていつかの日に思いを馳せるのも趣がありそうです。

  • shingo says:

    確かに、幼いころに入学祝に祖母から
    プレゼントされましたが、その価値が分からずに
    ただルーレットのようにクルクルと回して
    遊んでいただけでした。

    恥ずかしながら、今はどこかに
    無くしてしまいましたが、
    形だけは覚えています。
    間違いなくリプルーグル社のものです。

    大人になった今、このブログの説明で
    その価値を今更ながら感じることができました。

    ありがとうございました。

  • MAKO says:

    昔、祖父の家で、地形が隆起している地球儀を触った記憶があります。

    その時の感動について、今一度記事を拝見して思い出しました!
    自分のお気に入りの地球儀を買って、あのときのワクワクをまた手に入れます。

  • 三井幸子 says:

    素敵なライフスタイルですね!
    オイルランプの灯が疲れた体や心を癒してくれる、そんな気がします。
    私もインテリアに凝っていると言うほどのものではありませんが雑貨が好きでお店を眺めたり可愛い物を見つけたらつい買ってしまいます。自分の好きな物に囲まれて暮らすのは気持ちのゆとりだったり豊かさだと思います。
    お給料を貰ったら何か自分のご褒美に素敵な物を買ってみようと思います。

  • 記事へのコメント

    メールアドレスは公開されません