さよなら、グレインフェッド。ようこそ、グラスフェッド

あなたは普段、どんなバターを食べているだろうか? 「バターに興味なんてないわ」と思われる方もいるが、バター選びはある意味において進路を決めることと同じくらい重要なことだ。 “バター選び” には、その人の品位が滲み出る 人々がどうしてそんなにバター選びに手を抜くのか、よくわからない。 私は常々、バター選びにはその人の品位がにじみ出るものだと確信している。 バターというのは、犯すことのできない確固としたひとつの世界である。 しかしこれは、良いバターを食べて育った人間にしかわからない。良い本を読んで育ったり、良い音楽を聴いて育ったりするのと同じだ。 ひとつの良いバターはもう一つの良いバターを生み、悪いバターはもうひとつの悪いバターを生む。そういうものなのだ。 というのは冗談だが(好きな本の一節をパロディにした)、少なくとも善いバターを食べることが、精神と肉体に良い影響を与えるのは間違いない。 善きバターは、善き人間をつくる 私たちの身体は、主に水とタンパク質で造られるが、”重要度” の観点から観れば「脂質が身体を創っている」と言っても過言ではない。 脳は水分を抜けば6割以上が脂質で構成され、髄鞘(脊髄の神経回路を覆う鞘)は、リン系の脂質から造られ、約37兆個ある全身の細胞は、脂質の膜で覆われている。 つまり我々が、善く思考し正確に神経回路を使い、正しく身体を動かすためには、「良い脂質を食べること」が鍵を握っていることになる。 脂質について私に語らせれば、8時間あっても足りないので、結論から言うと、とりあえず普段使うキャノーラを控え、代わりにグラスフェッドバターを使えば事態は好転するだろう。   さよなら、グレインフェッド。ようこそ、グラスフェッド 我々が日常的に食べる肉は、ほとんどが穀物飼育牛(GRAIN FED)であり、草食動物である牛に穀物を与えて効率よく太らせている。 一方の牧草飼育牛(GRASS FED)は、放牧され、牧草を食べて健康的に育っている。 その牧草牛の乳から造られたバターが、グラスフェッドバターだ。 考えてみて欲しい。 1年間部屋に引きこもり、カップラーメンを食べ続けた青年と、1年間ジムに通い続け、ボディメイクに没頭した青年の顔色が同じだろうか? それと同じように、グレインフェッドとグラスフェッドのバターでは、顔色(血色)が全く違う。 こちらは、私が普段に食べているニュージーランド産のバターだが、ご覧の通り健康的な黄色を帯び、まろやかでバター本来の風味が心地よい。 広大な土地ニュージーランドに相応しく、1本1キロの塊で送られてくるので、酸化防止のために使う分以外は冷凍保存し、200グラムずつカットして真空チルドで保管している。 そのままパンに乗せて食べて美味なのはもちろんのこと、MCTオイルを加えてコーヒーに入れ、バター珈琲を創っても良いし、炒め物をする際に調理油として使うのも良い。   View this post on Instagram   A post shared by CODAWARI (@k.codawari) 毎朝のバターコーヒーも、美しいボディとクレマの層が出来れば、世俗的なニュースを見るよりも絵画を眺めたくもなるさ。 Follow @Codawari1 人々がどうしてそんなにバター選びに手を抜くのか、よくわからない。 私は常々、バター選びには、その人の品位がにじみ出るものだと確信している。 バターというのは、犯すことのできない確固としたひとつの世界である。 #Codawari1 #westgold https://t.co/HrqjVsG74w — こだわりのイデアK (@Codawari1) May … Continue reading さよなら、グレインフェッド。ようこそ、グラスフェッド