2021-06-15

マリアナ海溝くらいの深さまで眠る

私は稀に、「軍人のようにストイックな生活を送られているのですか?」

と尋ねられることがあるが、そんなことは決してない。

 

確かに筋トレでは、生まれたての山羊のようになるまで、追い込む癖があるし、

毎朝、14種類のサプリメントをせっせと摂取はしているが、

脳と身体を休めることには、人一倍気を遣っているつもりだ。

 

特に、睡眠が疎かになると、重要資産のひとつである肌の艶」に

悪影響が出ることを知っているので、手を抜くことはできない。

 

これは、私の偏見が成せる技かもしれないが、

肌に艶がない人間は、仮にお金持ちであっても、教会の牧師であっても、

あるいは、誇らしげにIQを誇示するメンサの会員であっても、

信用を勝ち取るのには苦労をするものなのだ。

 

以上の理由から、私は睡眠を改善し続けた結果、今では3分以内に入眠し、

そのままマリアナ海溝くらいの深さまで、眠ることができるようになった。

今日は、睡眠に影響する寝室のこだわりをご紹介しよう。

 

これまで、世界中のホテルに宿泊し、様々な種類のベッドを見てきたが、

我が家のクオリティに及ぶ寝室には、未だ出会ったことがない。

 

確かに、リッツ・カールトン・レジデンスに住む紳士・淑女から見れば、

「死体安置所のようにさっぱりしている」と思われるかもしれないが、

就寝中(レム睡眠)は、全身の筋肉に弛緩が起こり、

あらゆる刺激に対して脆弱になるため、ノイズは徹底的に排除しなくてはならない

 

想い出の写真立てや、壁のアート、熊のぬいぐるみさえも、全て取り除くのだ。

もちろん、スマートフォンのお持ち込みは、ご遠慮いただきたい。

レム睡眠中は、体温の調整も出来ないほど、無防備になるため、

空気清浄機には、集中治療室でも使われる最高ランクのHEPAフィルターに加え、

カーボン脱臭フィルターによって、花粉、ウイルス、ダニを一掃している。

 

また、直接肌に触れる寝具やシーツには、天然のシルクを採用している。

シルクは、肌の組成に近く、繊細な糸の間に空気を含むため、

ほこりや静電気も起こらず、滑らかで艶のある肌ざわりを生み出してくれる。

 

シルクに抱かれ、調整された空気とキャンドルの灯の元、深呼吸をすれば、

屈強な軍人でも、数分のうちに瞼が重くなり、ストンと眠りに落ちるだろう。

準備の段階で、既に決着はついているのだ

なお、気持ちが昂ってしまう夜には、

就寝の30分前からアロマを焚いておくと、睡眠薬を一服盛られたように眠れる。

我が家では、カモミールやラベンダー、シダーウッドなどをブレンドしている。

 

また、筋疲労が激しい日には、リンパと血液の流れを活性化させるために、

足元にテンピュールの枕を添えて、心臓への流れを手助けしている。

とろりとした生地のシルクは、肌のふれあいのような心地よさがあるが、

唯一欠点があるとすれば、極めて神経質な性格のため、

中性洗剤でクリーングをしなければならないことだ。

 

しかし、高級な革細工と同じように、

手をかけるほど、肌になじんでいき、不思議な愛着が湧いてくる。

クレオ・パトラの時代から、2000年以上愛されるのも無理はない。

就寝については、他にも8種類ほど意識していることがあるが、

語り出せば、夜が明けてしまい、肌の艶に悪影響が出てしまうため、

また別の機会にお話をさせていただこう。

 

PS(追伸)

Kは気まぐれな人物である。

しかし、LINEで繋がっておけば、何か良いことがあるかもしれない。

関連記事

コメント31件

  • 琴美✈︎kotomi says:

    マリアナ海溝くらい深く寝る経験を一度で良いので体験してみたいです。

    また、天然のシルクの寝具やシーツがある事すらも知りませんでしたし、Kさんの睡眠へのCodawariには唖然とさせられます。

    ただ寝ればいいというものではなく、寝具や環境を整えた状態で寝て初めて「睡眠」と呼べるのかも知れませんね。

    シルクのシーツは是非試してみたいです。

  • Nobutoshi says:

    自分自身の体験でよく眠れた~。
    と思ったのは1回だけで全身麻酔打った時ぐらいですね。

    これでもかってぐらい深かったです。
    麻酔なんでよくないですが。

    でもこの時ぐらいの眠りを再現できたらとは頭の片隅にありましたけど、そのヒントをいただいた気がしています。

    3分で入眠することもないです。

    こだわりという力は偉大ですね。

  • 亜也可.ayaka says:

    1度で良いから、マリアナ海溝くらいの深い眠りを体験したい…。
    そんなに深く眠りの世界へ潜り、身を委ねたらどんなに気持ちいいだろうかと感じました。

    寝具へ対するこだわりのみならず、空間や明かり、香りまでこだわり尽くしたお写真を見ているだけでも、素晴らしい睡眠が出来る気がしてきます。

    ですが、そのお写真を写し出しているこの機械こそ、眠りの世界を妨げる光を発している張本人ですので、うっとりするのはほどほどにして、

    自分の部屋をKさんcodawariの空間へ近づけて、いつかは鏡で見る自分のお肌にうっとりすることにします。

  • Reina Ishiyama says:

    Kさん

    最後の締めくくりが楽しくて
    寝る前は記事を読むのをやめようと思うくらいワクワクします。

    Kさんの マリアナ海溝の深さまで眠るためのCodawari
    お写真の掛け布団のフカフカ加減
    観ているだけで寝るのが楽しみで仕方なくなりますね。

    そのまま陸にあがってこれないのではないかと思うくらい
    心地よさが伝わってくる空間が素敵です。

    寝ることだけにCodawariがあるお部屋づくり
    必要だと感じて早速たてかけてあった本をかたしました。

    自分を休ませてあげて肌艶ととのえていきたいです。

  • 雄貴 says:

    肌の艶が信用に繋がる。

    これは僕自身も凄く共感するところです。

    世の中外見よりも、内面の美しさやコミュニケーション能力が大切だと言われているからこそ、

    外見で判断されてしまうのは本当に勿体無い事だと日々感じています。

    ですが、遺伝的なものや傷病的なものに関しては、どうする事もできないので、

    他の誰でもない、自分の身体だからこそ、改善できる部分には気を遣ってあげたいと思いました。

    睡眠の質にも徹底的にこだわっていきます!

  • Yusei says:

    「就寝」する際に
    ここまでこだわっていることに度肝を抜かれました。

    睡眠に関しては、私も自分なりに研究と観察を継続しているので、
    部分的にでも取り入れてみたいと感じました。

    いつも学びのある記事をありがとうございます。

  • 青柳将人 says:

    Kさん。
    こんにちは。今回から記事にコメントを残させていただきます。

    コダワリの内容が素敵すぎて睡眠ひとつでここまで出来るんだ!とある意味、感動しました。
    睡眠のコダワリの中で肌質を言われたときは心に刺さりました。何せ、僕は皮膚疾患を持っているのでどうしても拭えなかったです。

    だとしても、睡眠へのコダワリは参考にしたいです。アロマも視野に入れて睡眠にコダワリを持ってみようと思います。

  • 秀直 says:

    早朝からの仕事のために4時には起きなければというプレッシャーで深い眠りにつけないことが多いです。

    なぜか掛布団の重みを感じる方が安心感があるのは不思議なのですが、それは本当に上質な寝具に包まれたことがないからですね。

    次の買い替えの時には深い眠りにつくためにも肌に心地よいシルクをじっくりと選んでみようと思います。

  • 澤見優子 says:

    Kさん、こんばんは。

    肌と髪の艶を自分で感じられたとき
    こみ上げる嬉しさがあります。

    今はカラーリングをしましたが、
    黒髪に艶感が合わさったら最高で
    日本人であることを誇りに感じたこともありました。

    洗濯ネットに綺麗に畳まれて入っているシルク達、
    とてもかわいがられているのが伝わりますね。

  • Mariko says:

    Kさん、いつも貴重な記事をありがとうございます!今回は、ハッとさせられました。といいますのも、睡眠は大事だと知っていながら愉しさを優先してしまい、ついつい短時間・不規則になりがちです。Kさんのcodawariを参考に、改善してまいります。いつも大切な気づきをありがとうございます!

    小さい頃は、遊びから家に帰って来て、「眠た〜い」とそのまま玄関で寝てしまったこともありましたが、今は寝ることを忘れてしまう程、充実した毎日を過ごしています。しかし、肌は確かに・・悲鳴をあげています・・。

    ツヤ肌は成幸の秘訣ですよね。
    しっかり意識していきます!
    Kさん、感謝の気持ちでいっぱいです。

  • いくみ says:

    いつも素敵な記事をありがとうございます!

    睡眠の質の大切さは、今までkさんが提供してくださった動画コンテンツで知っていたのですが、 『眠れれば良いか』という安易な考えから抜け出せずにいます、、

    今までは、体痛くて夜中に目が覚めてしまうようなベッドばかり使っていたので、シルクに抱かれながら良質な睡眠を取ってみたいなと思いました。

    次回も素敵なCodawariを楽しみにしています!

  • あめ says:

    ベットに横たわる前の時点ですでに翌朝の目覚めの勝利が決まっているとは。
     
    肌艶は一朝一夕に得られるものでないので普段のあり方が如実に表れますね。
     
    ガーゼの敷布団カバーに幸せを感じる私はまず枕からこだわり始めようと思います。

  • Yuto Ueda says:

    人生の3分の1が睡眠と言われているのならば、
    そこを一番に追求することが人生を豊かにする一つの近道だと信じていますが、
    まだまだ自分の追求の仕方の甘さを痛感させられました。
     
    まだまだCodawariきれていない。
     
    しかし、自分自身の睡眠を向上させられる喜びも感じることができたので、
    この二分間が自分にとって最高の投資だったと思えました。
     
    ありがとうございます。

  • 今回も数えきれない程あるcodawariの中からのご紹介ありがとうございます。

    専らアウトドア好きな私は
    部屋の中でも寝袋を展開して眠りにつく
    異色な変態ですが、
    アロマではありませんがローズマリーや
    カモミール等のハーブを室内で育て使っているため、心地よい香りに包まれ眠りにつくことが出来ています。

    余談はさておき、オンの時にこそ意識が及ばないオフの時の細部にまで気を行き渡らせる事により自分をコントロールする様を
    見習い、就寝改革を行い、今後の活動をより濃くしていきたいと感じました。
    ありがとうございました。

  • YuTa says:

    Kさん、今回も素敵なCodawariのシェアありがとうございます!

    Kさんの寝具へのこだわりと、僕の睡眠関係のこだわりの無さ、イグアスの滝の高さと同じぐらいのの差がありました。

    それだけ睡眠にこだわり、肌に気を使っているKさんだからこそ、多くの賢人から学びを得る事ができているのではないかと、他の記事も合わせて思いました。

    全てにおいて非常に参考になりました。
    僕も睡眠という最も重要な活動から、こだわっていきたいと思います。

    ありがとうございました!

  • shingo says:

    肌に艶がない人間は・・・。

    なんとも耳が痛いお話です。

    長年悩まされることだけに
    早速改善を試みます。

    就寝ギリギリまでスマホをいじり
    そのまま寝落ちして睡眠につく
    生活を考えれば無理もないですよね。

    猛省です・・・。

    ところで、睡眠に関わることと言えば「枕」
    かと思いますが、別のCodawariで執筆予定でしたら、
    大変恐縮です。

    実はここ最近ストレートネックで痺れが出たりで
    医者通いが増え、長引くなぁと思い生活習慣改善を
    始めたところでした。

    ひとまず、質の良い睡眠と姿勢改善のために
    オーダーメイドの枕を新調しようかと検討中です。

    Kさんのおすすめの枕などあれば、参考までに
    ご教示いただけますと幸いです。

  • Nobue says:

    この記事を読んだ後に、自分の寝室を見てこれじゃいけないなと思いました。

    生きていく上で睡眠が大切なのは分かっているつもりですが、時間の確保だけにこだわり、質までは追求できていないのが現状です。
    いつも不規則で、目覚まし時計を毎日セットし直すような生活なのも、肌つやを悪くする要素なので今後考えていかないと、と思っています。

    Kさんはニュージーランドの衣料洗剤を使ってるんですね。 日常でよく見かけるecostoreの容器を見て嬉しくなりました。

    私ももっとこだわりの目を持って、良いものを採り入れ、より良い人生にしていきたいです。

  • 美穂 says:

    なんで、こんなに肌艶良いんだろう….と、

    常日頃、K様と関わる中で思っていましたが、睡眠にも理由が隠れていたのですね!!!

    ここまで快適だと、どんなに高級なホテルに行こうとも、眠りの質が落ちてしまうのではないか?と心配しています。

    ぜひ、素敵なホテルに宿泊された際は、安心できるような投稿をしていただけたら嬉しいです。

    ファンは、K様の様子がいつも気になってしかたありませんので!

  • 佐藤洋美 says:

    Kさん
    本日も素敵な記事をありがとうございます!

    肌の艶は良くも悪くも印象を決めてしまうのですね!今はマスクで顔が隠れていることが多いにしろ、メンテナンスを見直したいと思います。

    入床して3分以内に入眠、そしてマリアナ海溝並みの深い眠りが出来るのは、シンプルかつ程よい採光、シルクの上質な布団、空調、ノイズカット、等を徹底的に拘ったからなのですね。

    よく眠れると幸福感を味わえるし、疲れもとれるので、私も睡眠に拘わります。

  • 美希 says:

    シルクに包まれた感触、そしてこだわりの種類で配合されたアロマの香り。
    目を閉じて想像しただけで、眠りについてしまいそうです。

    肌が綺麗だと例え一瞬だけでもかなり印象に残りますよね。美しいものに目を奪われる感覚と同じなんでしょうか。更に優しい声のトーンだともう一度お会いしたいと思うほど、心奪われそうですね。

  • 睡眠自体大切なことは分かっていましたが
    肌艶まで意識はしていませんでした。

    昨今はマスクで顔の大部分は隠れ
    多少の疲れ顔は人目に触れないようになり
    見た目への影響を疎かにしていたのかもしれません。

    睡眠のは外も内も整えるための最重要タスクだという認識を改めてもちました。

    寝具にこだわりが全くなかった自分を戒める良いきっかけになりました。

  • 若菜 says:

    いつも素敵な記事をありがとうございます。

    以前睡眠のコンテンツを学ばせて頂いて以来、私にとっても大きなテーマです。
    最近は起床時首周りに違和感を感じる事が頻発しているので、足ツボの先生から施術してもらわなくてはとも考えております。

    使われている洗剤がecostoreなのにもびっくりです!
    我が家も愛用してから数年が経ちました。

    次回も楽しみにしています。
    ありがとうございました。

  • なかむぅら(中村) says:

    本日も Codawariの記事をありがとうございます。

    睡眠に対する圧倒的なこだわりに、衝撃と称賛の念がおさまりません。

    また、「肌の艶」に対する概念を、今まで持ち合わせておりませんでした。
    仕事や人生の質は、その人の「顔つき」に現れると言われます。
    私の尊敬する荒良寛さんも、「大事なのは顔ではなく、顔つきです」と言われております。
    そう思うと、人の「在り方」を追究するには、肌の艶や睡眠にこだわることは、必然なのかなとも思います。

    本日も素敵な気付きをありがとうございます。

  • 摩衣 says:

    眠りへのコダワリが、今回のお話の他に
    8種類もあると聞いてしまった時点で、
    こちらが気になって眠れなくなりそうです。
    (本日二人目)

    個人的な話で恐縮ですが、
    10代の頃から異性に対する守備範囲が広いが故、

    「背が低くても、太っていても、すごく年上でも
    誰でもウェルカムなのか!」

    と一部で誹謗中傷を受けていた私ですが、

    唯一譲れない点は、確かにお肌の艶でした。
    肌の質には、直感的に相手の信頼を得る何かがあるのだと、
    大変共感します。

    そこまで言う自分が、そこの手を抜くわけにはいかないので、
    肌艶向上へのコダワリをまた、お聞かせ頂けたら幸いです。

  • 剛熙 says:

    Kさん、こんばんは。

    寝室とリビングが一緒になっている我が家では考えられないシンプルさに一瞬冗談かと思いました。

    ですが、続きを読み進めていく中で全てに意味があり睡眠に繋がってることにさらに驚きました✨

    肌の艶に関してはここ最近の僕のテーマでもあるのでこだわりを持って継続していこうと思います

    では、おやすみなさい。

  • 真里 says:

    睡眠とお肌の密接な関係、そしてお肌の状態で評価されるというのは驚きでした。
    確かに、肌色の悪い方からとても人生の為になるお話を伺っても肌つやが悪いと「苦労しているのかな?」と心配で話の内容も入りませんね。
    お写真から美しいシーツだと思っておりましたがシルク様ですか!?想像しただけでも瞼が落ちてしまうような錯覚に陥りそうです。
    Kさんの照明器具のこだわりを拝見し、昨日寝る前にアロマキャンドルを焚いて寝たのですが、いつも目覚めるアラームに気付かないほど爆睡していました。
    照明でも変わるのですからその他8種類のこだわり睡眠アイテムを駆使したら、私はいつかクレオパトラになれるかもしれません。いつか公開される情報を楽しみにしています!

  • 肥田全弘 says:

    重要資産のひとつである「肌の艶」

    僕の年齢的に、かなり意識していないと、とんでもない事になりそうです。w

    資産をしれっと奪われないように、日々の積み重ねを怠らずに生活しようと思います。

  • まれすけ says:

    睡眠へのCODAWARIを確認するだけで、眠れなくなりそうですw
    オンだけではなく、自分の意識が及ばない眠りの領域まで、いかに有効な睡眠をとれるかを追求する姿は、惰眠をむさぼるボクから見れば、禅の道を究めた高名な方のようです。
    意識がない睡眠中だからこそ、意識のある時にそのための準備をする。
    きっとKさんには、日中に眠くなるとか寝落ちするとかいうことはないんだろうと思います。
    せめて枕からでも見習いたいと思います。

  • 安藤達也 says:

    素敵な記事ありがとうございます。
    私自身、ほんとに疎かにしていることに気が付きました。
    良質な体を作るためには、睡眠と水は大事だと分かっていながら、出来ていない自分がいました。
    お肌の艶まで影響するとは、新たな学びです。
    睡眠大事にします。
    次回の記事も楽しみにしております。

  • 孝輔 says:

    Kさん、本日もCodawariを披露していただきありがとうございます!

    “オンとオフ”この両極端を追求していき、それを実際に体現されていること。その生き様は本当に美しく目に写ります。

    寝室へのCodawariは全くと言って良いほどに行えていませんが、オンタイムを駆け抜けるには間違いなく必要不可欠であり、継続的に高い生産性を生み出していける要素になるのだと感じます。

    毎日このブログでCodawariを配信し続けられる一つの理由として「寝室のこだわり」があるからなのではと思います。

    シルクがそのような機能を果たしていることを初めて知り、自分の無知さ、知らないことへの探究心をもっともっと掻き立てていくためにも、まずはシルクについてリサーチしました。

    歴史を越えて愛される"シルク"がどんなものなのかを身をもって体験していく。
    また一つ実現させたいことが増えました。

    そして、キャンドルやアロマ、足元枕を駆使して睡眠の質にこだわられていること驚きばかりです。。

    睡眠における他にもあるCodawariからまた学ばせていただきます!

    素晴らしい記事をいつもありがとうございます!✨

  • りゅうき says:

    今日も素敵な記事をありがとうございます。

    今まで見た記事の中で1番心が動きました。
    肌の調子を整えられない。
    それでは信用を得られない。

    そしてその肌をきれいに保つために意識されている、就寝部屋。
    写真に見惚れてしまいました。

    将来は絶対に寝るためだけの部屋を作ります。
    そして布団やマットレスに妥協せずに、自分が最も心地よい状態で寝られる環境を整えます。

    いつもありがとうございます。

    次も楽しみにしています!

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *