2021-07-19

一日の睡眠を5回に分割する

私は元来、人一倍、欲に弱い人間なのだろう。

まるで、知性の低いイワシのように、

食べたいだけ食べ、眠りたいだけ眠り、欲望のまま行動するため、

もし野生で生きていれば、漁師に釣られ、塩焼きにされていたのかもしれない。

 

野生の魚のように、欲を満たすために、リスクを負うならまだフェアだが、

現代の人類のように、殆ど対価を払わずに、便宜的に欲を満たせてしまうのは、

やはり、色々と問題があるのだろう。

 

私は人生を、怠惰で自堕落なものにはしたくないので、

今は、根源的な欲求をコントロールするために、いくつかの訓練を行っている。

その一環として、少し特殊な寝方をしているので、

今日は、睡眠へのこだわりについて、ご紹介させていただこう。

私は、一日の睡眠を5回に分割している。

本眠と呼ばれる夜の睡眠を、4時間。

そしてそれとは別に、15分の仮眠を4回取っている。

 

一度のドカ食いより、分割した軽食の方が、消化負担を和らげるように、

睡眠においても、分割した方が効率的だろうという理由もあるが、

それ以上に、入眠と起床の訓練を行う場数を踏むために行っている。

 

ダメ男に貢いでしまう女子が、恋愛経験を積むことで離脱できるように、

あるいは、訓練によって、浅い呼吸を深く変えられるように、

睡眠も、意識して反復を行えば、間違いなく上手くなるものだ。

 

私は1分で入眠したいので、外界にノイズがあるときには、

アイマスクや、ノイズ・キャンセリング付きのイヤホンを付け、

鬱血を防ぐために、軽くストレッチをして眠りに入る。

 

今では、訓練の賜物もあり、

医学的には「気絶」と呼ばれる領域に分類されるほど、

ほとんど瞬時に入眠できるようになった。

起床時は、消防士が出動命令を聞いた時のように、迷いなく即座に動く。

アラームの1音目で目を覚まし、2音目が鳴る前には、身体を起こす。

3音目が鳴るころには、私はもう寝室にいない。

 

イワシ時代に、寝たいだけ寝る生活をしていたので断言できるが、

どれだけ寝たところで、起床時に眠気が残らないことはない

決まって身体は重く、頭は働かず、二度寝の誘惑がやってくるので、

「起きるかどうか?」という判断を現場で行ってはいけない。

 

動物は、貯えられるときに貯えておきたい性質があるため、

二度寝をしても、三度寝の誘惑が。

三度寝をしても、四度寝の誘惑が訪れるものであり、

誘惑のまま生きていれば、どんどんと自堕落な身体になってしまうから。

 

まだ街が寝静まっている薄暗い朝に、読書を始められると、

「人生の主導権を握れている」のだと自信を持てる。

 

最も強烈な欲である「睡眠の誘惑」に打ち勝てれば、

食欲、性欲にも、理性で対応できるようになり、尊厳を取り戻すだろう。

今日から、二度寝の無い人生はいかがだろうか。

 

PS(追伸)

Kは、偏屈で気難しい人物である。

それゆえ友達が少ないため、申請してあげると喜ぶに違いない。

関連記事

コメント48件

  • Sayuri Si says:

    Hello Mr.K!
    睡眠をそのようにコントロールするのはなかなかの難業。朝のちょうど太陽が顔を出す瞬間くらいに空を眺め飲み物を飲み1日をスタートさせられる時は、心躍る瞬間がありますよね。
    サーモンピンクの空の時はなおさら好きです。

  • いくみ says:

    素敵な記事をありがとうございます!

    Kさんにもイワシ時代があったなんて、驚きです!
    多くの人がイワシのまま一生を終えている中、脱イワシを達成されたkさんの努力や試行錯誤がかっこよすぎます。

    目覚ましで起きて、部屋から出て、リビングで寝るという、欲に完敗した生活を送ってしまう事がある私ですが、『人生を怠惰で自墜落なものにしたくない』というkさんこ思いにめちゃめちゃ共感できたため、欲求のコントロールを意識していきたいと思いました。

    次回も素敵なCodawariを楽しみにしています!

  • 横田龍ノ輔 says:

    素敵な記事ありがとうございました!
    “睡眠を5回に分割する”とても素敵だなと思いました。昼寝はした方が良いとは聞いたことがあったのですが5回は思いつかなったのでやってみたいなと思いました。また、睡眠の回数を増やすことで上手くなるというのもとても素晴らしいなと思いました!
    kさん改めて素晴らしい記事ありがとうございました。

  • まれすけ says:

    二度寝はヤバいですね。
    若い時は二度寝で遅刻したことが何度かあります。
    起きたときに眠気が残っているのは睡眠が足りないからではなく、質の問題でもあるのですね。
    何ごとも「訓練」で変えられるということなんですね。
    変えられないと思っているということは、自分自身が「変えない」と決めてかかっているということなんだと再認識しました。
    15分の短睡眠は公務員時代に昼休みに必ずしていました。
    午後から眠くなることがなく、集中力も上がりますね。
    それを思い出したので、さっそく日常に取り入れてみます。

  • Yusei says:

    Kさん、今回も素敵な記事をありがとうございます。

    「二度寝を制する者は人生を制する」

    といっても過言ではないほど、
    睡眠をコントロール出来るようにすることは人生を豊かにしますよね。

    睡眠に関する本をいくつか読んだ経験があるのですが、
    仰る通り「睡眠時間よりも睡眠回数の方が重要」というのは
    訓練出来るという意味においても、様々な意義が重なっていると思います。

    学習時に何かを記憶する際も
    「勉強時間が長いよりも勉強回数が多い方が記憶に残りやすい」と
    体感していますので、記事の内容に完全に同意です。

    私の解釈にはなりますが、
    パワーナップ(15分の仮眠=PN)を取る回数を増やすことで
    必然的に本眠時間が短縮されるというのは衝撃でした。

    頭では分かっているのですが、
    未だに二度寝の誘惑に負けてしまう機会が多いので、
    PNを取る回数を増やして訓練していきます。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  • イワシタユカ says:

    Kさんこんばんは。

    睡眠に対して「訓練」という発想、
    自分には持ち合わせていなかったので衝撃でした。
    さらにその訓練の結果、
    今では気絶するかのようにに入眠できるようになったとのことで、
    継続の大切さも改めて気づかされました。

    二度寝三度寝は当たり前。むしろ二度寝できる時間に起床した自分最高。
    と誇りに思っていた自分はとても浅はかでした。

    今日この記事を読んで、その考えだけでは幸せになれないと確信したので、
    「人生の主導権を握れている」のだと自信を持てるよう
    次回の起床から二度寝の選択肢を省いて行動してみようと思います。

    素敵な気づきをありがとうございました。

  • 椎名絹江(kinue0212) says:

    たとえをいわしにする❗
    可笑しすぎて、Kさんの想像を尽くすところがない❗
    睡眠の気絶する程の、眠りにつけるなんと素晴らしい、睡眠をコントロール出来る、人生のコントロールになる。訓練や環境のグッズをさらっと直ぐに追及する、何事でも、自分のやりたいことが何時も行動する。
    何事にも同じ姿勢を持ち尽くす
    を今回もkさんから伺わせていただきました。
    何時も素晴らしいお話し、
    ためになる学びをいただきました。
    ありがとうございます。

    72才 きぬえです。

  • YuTa says:

    Kさん、いつも素敵な記事をありがとうございます!

    朝に予定がない日は80%以上の確率で二度寝をしております
    しかも気づいたら夢の中で戦っているような有様なので、相当強い意志を持って立ち向かわなければなと感じる毎日です。

    朝起きる時と夜寝る前の行動は非常に課題が多いなと、Kさんの記事を拝見していてとても痛感した(見て見ぬふりしてた)今夜の行動から変えていき、僕も薄暗い早朝に本を読んで主導権を握っているような生活を目指していきたいです。

    ありがとうございました!

  • 亜也可.ayaka says:

    月がのぼり暗くなったこの時間、どこかにうっすらと漂い始める眠気の気配。
    そこにイワシの塩焼きの文字を発見し、睡眠欲と同時にいよいよ食欲もむくむくと湧いてくる…そんな今現在ですが、

    世界中の自由を手にしたような朝の静けさの中で、K氏のように読書にふけるひとときを手にしたいという欲も沸き上がっております。

    二度寝を一度すると、それは恐ろしいほどすぐに習慣となることを身をもって(何度も)体験しています。
    なにかを良くしようとする時には必ず負荷はかかりますが、自分をより誇らしく感じられるのは間違いなく、良くするための行動を自らしている時。

    欲望というものは際限なく続くもの。
    だからこそ睡眠を訓練し鍛え上げあげられる者は、自分を律せられる芯のある者になれる。

    よし、明朝も訓練しよう。

  • MINORU SHIBATA says:

    Kさん、こんにちは。

    睡眠欲というものは、非常にやっかいですね。
    二度寝、三度寝をしても眠気は襲ってきて四度寝に突入するのは、
    私が生きてきて何十回、何百回も経験してきた超イワシです。
    入眠と起床の経験値を増やす為に、睡眠を分割されてらっしゃるのは驚きでした。
    鍛錬を繰り返せば、ある程度コントロールできることをお聞きして、改めて脳の無限の可能性を感じました。

    次の記事も楽しみにしております。
    ありがとうございました!

  • shingo says:

    わずか1分で気絶と呼ばれる状態に
    なるとは、驚きですね!

    私は、寝る前にお酒を飲んだり
    YouTubeを見たり常に誘惑に負けて
    いる状態ですので、これを機に
    Kさんの睡眠のサイクルを試してみます。

    ただ、2度寝、3度寝が日常なので、
    この誘惑に打ち勝たなくてはなりませんが。

  • ケイタ says:

    Kさん
    今回も素敵な投稿ありがとうございます。

    わたしは、
    『人生の主導権を握れている』感覚で20年ほど前から5時起床は
    続けることができていましたが、Kさんのように睡眠を
    コントロールできる領域にまで到達していません。

    ただ単に
    早起きの得意なイワシです。

    人生の大半を占める睡眠をコントロールすることで
    より多くの時間を使うことができ、そしてより豊かな人生を送れることが
    できるのだと思います。

    わたしも15分仮眠を取っていますが、
    「気絶」レベルとは程遠く、10分後にようやく眠りにつくような状況です。

    Kさんレベルとは行かなくとも、
    意識して、反復をすること、そして入眠のレベル向上につなげます。

    いつも貴重な投稿をありがとうございます。

  • Yuto Ueda says:

    眠気に打ち勝つためのトレーニングとして、睡眠の場数を踏む。

    まさに合理的かつ、皆が皆実践には移せないであろう行動ですね…

    質は量からしか生まれない。
    何事にも言える 「基本」 を生理現象にまで当てはめられている。圧巻です。

  • ひろあき(Hiroaki) says:

    最初のイワシのユーモアに思わず笑ってしまいました。

    文章に吸い込まれるように読み始めました。

    以前の若いころは、我武者羅に時間をかけて働いていたため、本業の傍ら夜10時から夜中の3時までアルバイト。4時に帰宅し、5時から消防団の練習。6時半に帰宅し、7時に出勤していました。消防団の練習がない時でも、朝出勤した時に、一日を終えた状態という悲惨な状況でした。そして、睡眠を蔑ろにしていたため、体を壊しました。

    睡眠時間は大切ですね。最近は、早起きを習慣化するために、できるだけ早寝するように心がけています。お昼には15分の昼寝をするようにしています。

    なるほど、寝つきと目覚めの回数をこなすことで訓練にするという発想はなかったので、勉強になりました。

    睡眠コントロールを基盤に、食欲、性欲にも、理性で対応できるようにし、尊厳を取り戻したいです。

  • 石黒知行 says:

    以前より5時半起床が習慣化され、日中は効果的に
    パワーナップを取り入れている、私の一見理想とも
    言える睡眠スタイルと、K氏のそれとが似て非なる
    根本的な要因は、一体何処にあるのでしょうか?

    それはまず、私の気絶レベルのパワーナップ(昼寝)
    の場数が、廃人レベルで多いことに他ならない
    (そして、こちらで記すようなことでもない)

    入眠時の工夫、起床時の行動、果ては其処に至る
    食や運動への飽くなきCodawari!
    すべてに意味を見出し、それを重ね合わせる
    スタイル此処に極まれり、と感じ入りました

    表面だけTTPすることの危険性を孕む「睡眠」
    今後とも本質を探求して行きたいテーマd…zzz

  • 真佑 says:

    Kさん、こんばんは。
    素敵な記事をありがとうございます。

    睡眠を5回に分割されている理由が、
    「入眠と起床の訓練を行う場数を踏むため」
    という部分にあったとは、驚きです。

    最も強烈な欲求である、睡眠欲に打ち勝ち、
    睡眠をうまく利用されているKさんは本当に偉大だな
    と感じました。

    私も、人生の主導権を握る感覚を味わうべく
    早起きの習慣を徐々につけていきます。

  • あめ says:

    早朝に起きて活動する事はルーティンになってきましたが、日中の短眠の取り方が上手くいかずぼんやりしてしまう事が多いので、気絶レベルの短眠を会社の昼休みに行えるように、訓練しようと思います。
     
    欲望に忠実なトドからトトロくらいには欲求をコントロール出来ることを目指します。

  • Mariko says:

    Kさん、いつも貴重な情報をありがとうございます!今回の内容も興味津々で読ませていただきました。

    入眠が「気絶」とも言える領域まで達したのですね。睡眠をコントロール出来るのであれば、その他の欲もしっかりコントロール出来るでしょうね。Kさんが目指す領域は、何をとっても一流の域ですね。まさしく頼もしい賢者のようなKさんは、とてもカッコ良く素敵だと思います。

    どんな欲に対しても言えることかもしれませんが、”心の声”と”自我やエゴの声”を見分けることが、本当に重要だと思っています。やはり「自分軸」をしっかり形成する上では必要だと感じています。

    Kさんのcodawariは、まさにKさんの軸を表していて、心から素敵だなと思っております。
    いつもありがとうございます!次回も楽しみにしております!

  • 雄貴 says:

    Kさん、今回も学びの多い記事をありがとうございます!

    おっしゃる通り、結局何時に起きても眠気は残ったままで、重い頭のままだらだらと日中を過ごしてしまっていました。

    これからは、日中に仮眠を取ってもいい事を前提に、朝はきちんと起きると決意しました。

    1日1日積み重ねて訓練していきます。

    次回も楽しみにしています。

  • なかむぅら(中村) says:

    本日もCodawariの記事をありがとうございます。

    睡眠を分割して、入眠と起床の訓練をするという発想は、思いもよらずKさんならではの行動だと、そのCodawariに感心しております。

    私も最初のレム睡眠までの90分をぐっすりと眠り、短くても深い睡眠をすることは意識しております。
    まさしく気絶するかのように、電気を切るかのように瞬時に眠ることが出来るのは、のび太君と自分だけかと思っていました。

    自分は回遊魚のマグロのように、じっとしているのが苦手ですが、丘に上がれば、まさにマグロ状態でだらけてしまいます。
    怠けるという人間の欲には、なかなか勝てないものです。

    最近は、朝起きという習慣で、目覚ましがなくても外が明るくなると起きられるようになりましたが、これも習慣の賜物だと感じます。

    Kさんのように、Codawariを持って、一つ一つの行動を意識して日々を過ごしたいと思います。

  • さとこ says:

    二度寝、三度寝、、四度寝、、、
    「布団が離してくれないからしょうがないなぁ」と思っていたのは誘惑の連鎖だったんですね。

    昼間にどうしても眠くなるので15分の仮眠を意識してますが、延長戦に入ることが多々あります…
    まずは時間厳守の起床の訓練から始めていきたいと思います!

    P.S
    イワシは蒲焼きもおいしいですね(^^)

  • tomoki says:

    おはようございます。

    今回もKさんのこだわりのシェア
    ありがとうございます。

    睡眠を5回に分ける理由が
    とても腑に落ちました。

    睡眠に関してとても悩みがあるので
    私も訓練していこうと思いました。

  • Tomo says:

    「欲に弱い人間」間違いなく僕もそのひとりです。
    眠りたいときに眠りたいだけ眠り、欲望のままに行動しています。
    (しかも殆ど対価を払わずに・・・)

    改善するには、量をこなしていくことが大切なのですね。
    場数を踏み、失敗する数、成功する数を増やすことによって、

    「根源的な欲求をコントロールする」

    ことが可能となる。「反復」を意識して行えば、大概の事は上手くなりますね。
    自転車に乗れるようにする時がそうでした。何回も何回も乗ってはコケて乗ってはコケて・・・と。そのうちコケなくなって、いつの間にか乗れるようになっていました。

    失敗しても、場数を踏みにいくことが重要ですね。この意識はどんなことに挑戦する時でも忘れてはいけない意識ですね。

    今回も素敵な記事をありがとうございました!

  • 孝輔 says:

    「根源的な欲求をコントロール」これは規律のある自由で豊かな生活を送る上では、根本にあるテーマに感じます。

    僕自身、睡眠ということに対して、"コントロールでいないもの"だとレッテルを貼り生きていました。けれど、今はこの記事やアイスマンの動画にもあるように、訓練次第ではコントロールできる確信が得られています。

    学生時代はどれだけアラームを鳴らしても自分は目覚めずに、家族全員が起きてしまう迷惑行為を何度も繰り返してきましたが、今では早起きと一度で起きることが少しずつ習慣になりつつあります。

    現場では判断を行わず、アラームが鳴ってからのKさんの動きは日々の訓練(意識と反復)により、反射的に身体が動いているレベル状態でしょうか。
    また入眠では「気絶」という次元にまで到達されている。

    この入眠と起床による、計5回の睡眠効率は凄まじいです。人生の主導権を握れることは間違い無いですね。

    KさんのCodawariの数々が幅広く本当にいつも面白く感じます。また次回も楽しみにお待ちしております。

  • 真里 says:

    Kさんの素敵な物語は、いつも私に新しい世界の扉を開いてくださいます。
    私は昔、寝るのが好きな子どもで、学校から帰ればすぐに寝て、ご飯を食べては寝るを繰り返していました。(さすがに親に怒られました)
    そんな私がフリーランスという生き方をする中で、睡眠ほど私を強く誘惑するものはありません。
    15分だけとアラームをかけても、いつの間にか2.3時間寝入っている事はよくある事で、酷い時は朝まで気が付かない事もあります。
    そんな欲望に負ける自分を責めてばかりいましたが、Kさんがもっとも強烈な欲と仰るのだから誰しも睡眠との戦いは至難の業であり、Kさんすらも常に戦い続けている。

    睡眠を制するものは人生を制すと言っても過言ではありませんね。

    これまで、眠くなるのがダメなんだと思い込んでいましたが、眠くなるのは仕方ないからどうするかという視点を持っていませんでした。
    私もKさんのように睡眠欲と向き合い必ず打ち勝ってみせます。脱イワシ!

  • 留莉 says:

    今日も二度寝の誘惑に打ち負かされてしまい、まさにイワシ状態でした。

    Kさんのおっしゃる通り、どれだけ寝ても、起きる瞬間だけは眠気が残らないことはなかったです。

    紹介していただいたこだわり。
    入眠と起床の訓練を行う場数を踏むために行っている、という視点は新しいです!

    もしかして、Kさんはどの時刻に仮眠を取るかもこだわっておられるのでしょうか?

    睡眠も、意識して反復を行えば、間違いなく上手くなるものとのことなので、

    入眠と起床の訓練を生活に取り入れて、欲望に打ち勝って、人生をより充実した時間にできるようにしていきたいです。

    今日も素敵な記事をありがとうございました!

  • 若菜 says:

    今回も重厚感のあるcodawariのシェアをありがとうございます。

    イワシがコメントを失礼致します。
    否、微量の知性を持ち合わせたイワシでございます。

    睡眠についてはこれまで何度かコンテンツで学ばせていただいては来ましたが、
    ついにそんな領域まで来られていたとは・・・。
    私はイワシのまま一体何をしていたのだ?と頭にハテナが浮かんだままです。

    入眠と起床の訓練はとても興味深いです。
    寝ている状態、要は無意識下でどうやって体に起床を「意識」させていくのでしょう・・?
    まさか人智を超える「何か」が発動しているのか・・・・・??!?

    (ハテナで埋めつくされて来たところで一旦落ち着きたいと思います。)

    二度寝のない生活、とても理想的です。
    睡眠についてはまだまだ知識も実践も不足しているので、少しずつ補っていければと思います。

    次回も楽しみにしています。
    ありがとうございました。

  • 剛熙 says:

    Kさん。こんばんは。

    この記事を読みながら睡眠欲に勝てない自分をふと振り返っておりましたが…

    そうか、場数を踏めばいいのか!!

    とすんなり納得しました✨✨

    僕も分割していきます!
    そして睡眠欲に打ち勝つ!!

    明日からやっていきます!!

  • 早紀 says:

    Kさん

    まだまだ睡眠コントロールとまでは及ばず睡眠に支配されていますが
    ちょこーーっとずつその支配下から抜け出しつつあります。

    確かに6時間睡眠でも10時間睡眠でも
    起床時に眠気を覚えます。

    ここでベッドから抜け出せるか、そうでないか、
    意志によって変わってきますが、その場その場で起きるかどうかの判断をしてしまっているので
    必ず二度寝をしない、そのルールを重く受け止めていきたいです。

  • 貴明 Takaaki says:

    Kさん、こんばんは。
    今回も記事を拝見させていただきました。

    この記事を読んで太平洋横断した人が分割睡眠をしていたことを思い出しました。Kさんは自分で厳しい環境を作り出し、成し遂げたい大きなモノを感じました。

    入眠と起床の訓練をしていない私では15分寝るつもりが1時間寝てしまい、肝心の本眠に眠れなくなり昼夜逆転してしまいそうです。

    最近私はやりたいことが多くなり時間を確保するためあれこれ対策を取っており、睡眠もどうにか8時間相当の深い眠りをより短くできないか考えています。今のところGABA入りチョコレートを食べています。(結構効果があります)

    私も誘惑を意のままに操り理想を実現させていきます。Kさんの記事で学ばさせていただきますね。

    次回も楽しみにしています。
    ありがとうございました。

  • しんじ says:

    寝起きをコントロール出来る事に、訓練で人の可能性は向上し続けるのですね。

    起きる時は目覚ましで意図的にしてはいますが、寝つきは自然に眠りに入る状態が来て、結果的に眠りについた…
    と言う認識でしたので、気絶と表現される位に瞬時に眠りに入るのには、驚きました。

    2度寝の経験はあるので、惰眠を貪れば、ハマっていく…
    これも感覚として理解出来ます。

    向上して磨くも、堕落するも自分次第。
    今回のテーマを通して、生活習慣を見直そうと学ばせていただきました。

    次回の記事もお待ちしております。

  • 肥田全弘 says:

    Codawari がストイック過ぎで…圧倒的です…
    勝ち組のルーティーンですね…

    食の質、時間管理なども含めて、睡眠もコントロールできるのですね。

    夜中にどか食いしたら、間違いなく、睡眠の質が落ちそうです。

    今は、お腹が空いている時間をなるべくつくっています。頭の働きも良い感じですし、空腹時が最も免疫力が高いようです。

    食欲、性欲、睡眠の誘惑、意識して行こうと思います。

    今日もこだわりをありがとうございます♪

  • 朋子 says:

    ダメ男に貢いでた女子と
    睡眠も訓練と
    経験を積むことで
    上手くなる!!

    おっしゃる通りだと
    思いました。

    私も過去
    ダメンズ君に沢山の学びを受けて今があります(笑

    睡眠に関していうと
    20代の頃は仕事が多忙だったので
    日々2、3時間の睡眠時間で生活しておりましたが
    これも習慣でしたので
    途中、通勤中や移動中の電車や車で仮眠して
    睡眠時間を確保してました。

    都内へ向かう満員電車は、
    つり革も持たなくても
    立ったまま寝る事が特技でした。(-_-)zzz
    (こんな特技、もう今は出来ませんが…)

    今は、昼間に急に睡魔が襲ってくると
    自然に気絶して
    10分ほどで目を覚まします。(笑

    やりたい事がたくさんあるので
    寝てる時間が勿体ないと思う今日この頃です。

  • YUKIE says:

    寝苦しい夏を向かえ、睡眠の質について、考えさせられる。
    それも、K氏を知る前までは、深さぐらいしか、考えていなかった。

    スタンフォード大学の西野教授によると、
    睡眠は遺伝によるところが大きいと聞き、
    短眠への挑戦は生涯諦めてしまった。

    分割する意義が大きいのであれば、
    一度、睡眠の在り方を考え直す必要があるように思う。

  • Natsuki says:

    Kさん、こんにちは!

    本日も有意義な記事をありがとうございます。

    イワシ時代に生きている私は早く人間にならねばと、本日の記事で気づきました。
    勿体ない人生は送りたくない!と思っていたのにも関わらず、睡眠には盲点でした、、

    また、Kさんのお写真の【『ティファニーで朝食を』村上春樹さん訳】を、3日ほど前に読み終わり満足していたわたしにとって、この本が運命的な本に感じられました!

    人生の主導権を一刻も早く握るべく、神聖な空気の朝に読書ができるよう明日から二度寝厳禁でいきます。

    次も楽しみにしております。
    ありがとうございます。

  • 翔平 says:

    Kさん、こんにちは。

    僕もイワシのように欲のままに生きてきていましたが、ここ2、3ヶ月で理性を保てるようになってきました。

    4時間睡眠でも7時間睡眠でも朝目覚めると
    真っ先に二度寝の欲に襲われますが、
    飛び起きることによりその欲望から回避してきました。

    なので、今回の睡眠を5分割にするという
    新たな価値観を取り入れることができたことが
    本当に嬉しいです。

    何事も経験を積まなければわからないこと
    ばかりだと思っているので、
    さっそく実践してみます。

    いつも素敵な記事をありがとうございます。

  • 江畑直人 says:

    Kさん、こんにちは。

    睡眠についてのcodawari拝読しました。

    私は根源的な欲求へのコントロールが常に課題に感じています。

    普段から何かと”省エネ”でいたいため、
    「いかに疲れないようにするか」ばかりを考えています。

    最近は朝早く起きますが、
    二度寝をしたいと感じている時は、二度寝をした方が疲れが取れるという理由付けをして二度寝をして、誘惑をごまかしている自分がいますが、どれだけ寝ようが、眠いし、頭は重い訳ですから、二度寝はただの誘惑への敗北ですね。

    二度寝をするかどうか判断を与えないくらい、
    覚醒をしてからどのように行動するかを予め決めておき、それ通りに行動する訓練を自分にも課したいと思います。

    最近は冷水シャワーで体温を急激に高めることにチャレンジしようと思ってやっていなかったので、明日から起きたらすぐやるべき行動の一つに加えてみます。

    本日も素晴らしい学びをありがとうございました。

  • mitsue says:

    Kさん、おはようございます。
    本日のテーマは睡眠ですね。とても興味深い内容でワクワクして拝読しました!

    1日の睡眠を5回に分けることは今までに聴いたことのない知識でした。
    お昼寝は推奨され、小学校~高校まで取り入れている学校は多くあるようです。

    自分に置き換え考えると、私は5時間の本睡眠で他に睡眠時間を設けていませんが、時々20時頃から睡魔に襲われ、その時に1時間近く眠ってしまう事があります。
    その時は大抵身体が疲労している時が多いようです。
    身体が勝手にシャットダウンしてくれるようです。「これ以上は無理!!」と…。
    しかし、この睡眠が良いとは決して思っていないので、Kさんの睡眠へのcodawariを参考に考えていこうと思います。

    本日もありがとうございました。
    次回も楽しみにしています。

  • しょうた says:

    起床時は、消防士が出動命令を聞いた時のように、迷いなく即座に動く。

    僕は消防で働いています!
    僕はすぐに動きますが消防車に乗り遅れる方もいます

    仮眠は10分だけしてますね!

  • 摩衣 says:

    寝入りの3時間での体力回復、脳内整理を課題に
    ここ2ヶ月ほど取り組んでいます。
    本眠4時間+仮眠15分×4…理想的です。

    本眠はともかく、仮眠4回を秒速で起きるのは
    まさに苦行とも思えますが、
    乗り越えられたら自分がもっと好きになれそうです。

    ちなみに、私は寝付きを良くするため、
    朝にトリプトファンを摂取することを心掛けていますが、
    お食事で何か気をつけていることがあれば、
    また伝授頂けましたら幸いです。

    • Codawari says:

      やはり本眠前に特に力を注ぐべきかと思いますので、
      夕食時に消化負担のかかる食べ物(炭水化物も)は抜き、
      トリプトファンも朝ではなく夕食後に摂るようにしていました。

      ※現在はボディメイク中なので、食べ盛りのワニのように何でも食べます

  • 澤見優子 says:

    Kさん、おはようございます‼︎

    睡眠欲をコントロール出来る様になれば
    強いですね!

    YouTube拝見し
    100メートル走記録のたとえが
    とてもわかりやすかったです。

    欲を言えば、というか本音を言えば

    「抜いてやる‼︎と目標があれば抜ける人」には
    なりたくなく、

    「そもそも自分で設定したもの」に対して
    「自分との約束を守れる人」になりたいと
    感じました。

    脳の可能性を強烈に感じ、
    この様な動画を見る機会を与えてくださり
    ありがとうございました。

    人間の能力は想像を絶しますね。
    (このたとえがもう陳腐に思えます)

    次回の投稿も
    楽しみにしています‼︎

  • ハヤト says:

    Kさん、おはようございます。

    食事は1日3食と分割するのに対して、
    睡眠を分割するという考えはしたことがありませんでした。

    小腹が空くと軽食をするように
    日中、活動の疲れが出た時は無理せず軽い昼寝をするのが良いのだと思えました。

    成長するには数をこなす必要があるからこその
    分眠。
    少しずつ取り入れて実践してみます。

    アイスマンの共有もありがとうございます。
    血管系のコントロール。血管の収縮で免疫が上がる事や代謝が上がるなど聞いたことはありました。
    今回程、科学の領域に踏み込んだデータを拝見すると、“本物”だと認識できますね。

    私も毎朝HIITで心拍数を高めてから、冷水シャワー浴びるので、このルーティンを大切にしていきたいと思います。

    本日もありがとうございました。

  • 安藤達也 says:

    素敵な記事ありがとうございます。

    良質な睡眠を取ることは大事だなと頭で分かっていても、実際にここまでのこだわりがあるとは驚きです。

    参考にしてみます。

    朝の目覚めに読書。

    最高の贅沢です。

    このような生活習慣を早く身に付けたいものです。

    記事を読んだだけでは、学び。

    それを実践、習慣、当たり前の行動に繋げる、明日から即実践します。

    次回の記事も楽しみにしてます。

  • 青柳将人 says:

    Kさん。
    おはようございます。
    睡眠をテーマに記事を読ませて頂きました。
    僕にとって一番の難所と呼ぶに相応しいことであり、入眠のタイミングは調和がとれておらず
    悩んだりしたこともありました。

    記事を読んで入眠のタイミングなど驚くほど分かりやすく、特に入眠前にストレッチをすると入りやすいというのは為になりました。

    記事内容も僕が言葉の魔術師と思ってるほど巧みな表現で毎回学習させてもらってます。
    睡眠のコダワリ記事、今日もありがとうございました。

  • Rie says:

    私も毎日「気絶」と言われるような
    秒の寝付きの速さで、寝付きの睡眠には困ったことが一切ありません、、、
    が、朝起きてねむたい、、よし!二度寝しよう\\\\٩( ‘ω’ )و ////と全力で二度寝を
    してしまう事は多々あるので
    どんどん誘惑に勝てない身体になってしまっていますね。
    睡眠も訓練が必要で、そこに打ち勝つ事が出来れば理性で保てる事が出来る。
    最近、食事を見直すと身体がめちゃくちゃ良くなっていくのが目に見えて分かったので
    睡眠も見直していこうと思いました。

  • 耳が痛くなる内容であり、
    かつ、非常に興味深い内容でもありました。

    4時間でも8時間でも、
    眠気残りがなくスッキリ起床できた試しがないです。

    人間は怠惰な動物、それはこと睡眠に関しても例外ではなく、生理的欲求であるが故に顕著に現れるのだと。

    最近ノイズキャンセルのイヤホンを購入したので、これを活用しない手はないと今回のブログを拝見し思いました。

    睡眠は休息であり戦いでもある。

    人生を豊かに生きるため、まずは自分の身体の癖を知り、自らと戦い続けていきます。

  • りゅうき says:

    本日も素敵な記事です✨

    僕は小さい頃から朝5時には起きて勉強したり、運動したりしていましたが、何度か二度寝をしたり、眠気に負けたことがあります。

    それを僕は睡眠時間が足りないんだと思っていましたが、そうではなくそういうものなんですね。

    二度寝をした後は決まって気分が悪く体がだるい傾向があります。

    なので僕も朝起きたらすぐに布団から出て顔を洗いにいきます。

    読書も素敵ですね!

    二度寝のない人生送ります!

    次も楽しみです!!

  • 記事へのコメント

    メールアドレスは公開されません