2021-08-09

殺人事件や政治家の汚職なんて、毎日聴くような話ではない

ジャンクな食べ物を大量に摂取すれば、

胃や腸が荒れ、ニキビが現れてしまうように、

情報においても、良いものを適量だけいただきたいものである。

 

たとえば、毎日スマートフォンの充電が切れるまで、

ソーシャルメディアや、動画、ゲームなんかを観ていれば、

脳は炎症を起こし、疲れ果て、終いには廃人になるかもしれない。

 

今日は、情報のリソースのひとつである「Youtube」について、

私の付き合い方をご紹介させていただこう。

 

 

ここで、あなたのYoutubeで「急上昇ランキング」を開いて欲しい。

そこには、「彼女ができました」とか「別れました」とか、

「やっぱりヨリを戻しました」とか「会いたくて震えます」など、

情緒不安定な中学生のような、カオスな世界が待っているだろう。

 

少なくとも、私の人生において役に立ちそうな情報は何ひとつ掲載されていないので、

一切目に触れないように、言語と居住エリアを「アメリカ」に設定している。

嫌いな人とは距離を置く。これは基本だろう。

Youtubeの良いところは、「付き合う人を自分で選べる」ことだ。

Codawariを追求する我々の目には、美しいものだけが触れられるべきなので、

醜いサムネイルには、迷わず「Not Interested(興味なし)」を選ぶと良いだろう。

 

空港のセキュリティ・チェックの先に、刃物や麻薬が持ち込まれないように、

この検閲作業を5分も行えば、不快な動画は蜘蛛の子を散らすように姿を消すのだ。

 

加えて、「VOGUE」や「ELLE」などのファッション誌や、

リッツ・カールトン」や、「マンダリン・オリエンタル」などの高級ホテル、

キアラ・フェラーニ」や「ヘイリー・ボールドウィン」など、

海外のセレブの番組を登録しておけば、

あなたのチャンネルは、美術品のカタログのように生まれ変わるだろう。

テレビを捨て、Youtubeを観るようになって、本当によかった。

「美しい番組だけが提案される」というのは、贅沢なことだし、

殺人事件や政治家の汚職なんて、毎日聴くような話ではないのだから。

 

 

PS(追伸)

Kは、偏屈で気難しい人物である。

それゆえ友達が少ないため、申請してあげると喜ぶに違いない。

関連記事

コメント44件

  • Hiratomo says:

    こんばんは!
    私はここ1年ほどテレビをつけていません。
    (パートナーが録画しているものを一緒に観ることはありますが…)
    朝のニュースを観ていて共感疲労があってから朝はYouTubeのカフェミュージックを聴きながら準備しています。LIVEなのでコメント欄も温かく穏やかな時間です。
    YouTubeを観る頻度は高くなり、自分が観たいと思えるコンテンツしかチャンネル登録していませんでしたが、ご紹介があった海外のチャンネル、良い刺激を受けそうです。
    また新しい発見をありがとうございます!

  • Sayuri Si says:

    Hello Mr.K!
    ははははは笑 テレビをみない生活よいですよね、共感しましたし、YouTube対策、わたしもしてみます。

  • まれすけ says:

    YouTubeに表示される動画のサムネイルにまでこだわっておられるのですね!
    毎回毎回、自分の発想の貧困さを思い知らされております。
    ただ、英語があまり得意ではないので、アメリカは選ばないとは思いますが、今まで一度も確認したことのないYouTubeの設定をよく見てみようと思います。
    有益な情報をありがとうございました!

  • 秀直 says:

    テレビを見ずにyoutubeだけ見て過ごす生活環境は考えもしなかったことです。

    youtube自体が自分にとってはいい影響はないと勝手に思っていました。

    好きなものや美しいものだけを選択しておけばなるほど脳内が常に浄化されるかもしれませんね。

    テレビのニュースをつけているとまたかまたかと嫌になるほど聞きたくないものも耳に入ってきますのでyoutubeの使い方をきちんと理解して試してみようと思いました。

    ありがとうございました。

  • 亜也可.ayaka says:

    美しいものに触れてきた人と、暗くじめじめとしたようなものに触れてきた人。
    この2人の感性や人間性には何かしらの違いがあることはたやすく想像できますが、いざ自分自身の話となると、何故かどこか他人事でした。

    それは、世界とはこういうものなのだから仕方ない、生きていれば汚いものに晒される運命なのだ、と自分勝手な思い込みからきていましたが、

    美しい世界というのは自分から作り出す事が出来る、作り出していくものなのですね。

    また、大人になるというのはそういったじめついた部分を理解するからこそ、美しいという感覚がより際立ち一層その世界を愛することや、自分から求めにいくことができるということなのだとも感じました。

    さっそく下町ネオン街から、静かで洒落た石畳みの街へと我がYouTubeを変身させたいと思います!

  • 琴美✈︎kotomi says:

    Kさん、いつも素敵な記事をありがとうございます。

    今まで「付き合う人を選べる」という感覚がなかったので、とても深くなるほどと思いました。

    家にテレビの無い私にはYouTubeは情報を得る1つの手段であり、息抜きに好きなアーティストのMVを流し温かい中国茶を頂く事ができる休息時間のお供でもあります。

    しかし一歩でも付き合い方を間違えると廃人になりかねないもの。
    だからこそ自分で「付き合う人」を考えるべきなのですね。

    早速居住地と言語を変更して、廃人になるキッカケを排除しようと思います。

  • あめ says:

    私のYouTubeアカウントさんは忖度著しく、開くと宝塚歌劇と明日海りお様の関連動画を出して下さいますが、それでもちょいちょい俗な情報が出てきますので、夢の世界に浸れるように更にカスタマイズしていきたいです。

  • Mariko says:

    Kさん、今回も大変貴重な記事をありがとうございます!今は情報戦争の時代とも言われているからこそ、確かに情報の取捨選択はとても重要ですね。

    とことん機械音痴な私は、”Not interested”の機能やアメリカ版に設定するなどといった知恵は全く無かったので、とても参考になります!
    本当に有難い情報です!

    私の場合、情報の取捨選択にとても厳しい方なので、逆に鎖国状態にならないようにすることも必要かと思う時も正直あります。ただ、まともな情報があまりにも少なく、巧妙にウソがほんの少し混ざっていたりと、胸騒ぎすることもあります。

    今は鎖国状態の方がしっくりきますし、Kさんのように美しい情報に常にアクセスしたいですね。codawariも、私にとっては一つの美しく豊かな情報です。いつもありがとうございます!

  • 若菜 says:

    Youtubeとの向き合い方、情報の取り入れ方についての共有ありがとうございます。

    自分でデザインできるからこそ、どのように向き合うかしっかり自分自身で考えなければなりませんね。

    普段Youtubeは殆ど見ませんが、いい機会だなと思い登録チャンネルを見たところお気に入りアーティスト、カフェミュージックと他1つの計3つでした。
    良いか悪いかは分かりませんが、チャンネルとの付き合い方はもっと選択肢を増やしてもいいのかもしれません^^

    サムネイルにおいての日本と海外の差は大きいとよく聞きますが、蛍光カラーで彩られている日本のチャンネルに比べて海外のチャンネルはとてもシンプルだなと感じています。
    こんまりさんのチャンネルも国内向けと国外向けでは大きくデザインを変えているようですね。

    メディアとの付き合い方をこれを機に見直していきたいと思います。
    ありがとうございました。

  • 真里 says:

    Kさん、いつも楽しく拝見しています。
    以前の私の好きな物ばかりが閲覧画面に並んでいましたが、KさんをTTPして美しい情報のみを取得するようにします。
    人は習慣の生き物だからこそ、日頃から目に触れるもの、聴くものには細心の注意が必要ですね。
    何だか新たなステージに進めそうな気がします!日々、変わっていく自分が楽しみです。

  • MAKO says:

    まさに今Youtubeを見終えた後にこちらの記事を読ませていただきました。

    Youtubeもイチ企業として、視聴者を増やして、広告費を取りたいという思惑がひしひしと伝わってくるのを感じました。

    知らず知らずおすすめされる動画を中毒的に見てしまっているというのが現状でしたが、自分なりに設定をカスタマイズできることを知り、早速実践してみました。

    自分にとって必要な情報、質感の高い情報を手に入れられるように日頃の【Not Interested】を続けて仕上げていきます!

    ありがとうございます。

  • Yusei says:

    とても有益な記事をありがとうございます。

    さっそく言語と居住エリアを「アメリカ」に設定し、検閲作業を実行しました。

    食べ物と同じように「心に良い情報」だけを取り入れられるように、
    まずはYouTubeを見直していきます。

    このような微差が、後々大きな一手になりそうですね。

  • YuTa says:

    Kさん、いつも素敵な記事をありがとうございます!

    脳は炎症を起こし、疲れ果て、廃人になるかもしれない。とても耳の痛い話です。

    最近は少しずつYouTubeの魔の手に侵食されつつあったので、今一度自制していきたいところです。

    確かに興味無いボタンや登録するチャンネルをコントロールすれば、賢いYouTubeを手なずけ、素晴らしいコレクションにする事も出来ますね!その考えは全くありませんでした。

    中途半端にアプリを消してなあなあになっていたので、改めてYouTubeとの付き合い方を考えていかないとなと思いました。

    ありがとうございます!

  • ショウ says:

    自分で選ぶことができるのに、誰ですらもない「自分の傾向と興味に合わされたAI」の選ぶオススメを見るのは、他人任せになりすぎなのかもしれない。

    YouTubeは、ほんとに自分が見たいと思うものを探して見ることができるので、とても便利だと思う。

    その反面、自分から違う世界を知ろうとしない限り、変わり映えしない世界になる。

    選ぶことができるから、世の中の良いものを少しずつ取り入れていきます。

  • しょうた says:

    素敵な記事をありがとうございます。

    YouTubeは自分の好きなものばかり見てくだらないYouTubeも多数見ています。

    時間を無駄にしている感覚もありましたがYouTube中毒になっているのでしょうね。

    Kさんのような使い方をすればYouTubeも有意義なSNSとなりそうですね!

    ただ山本義徳様のトレーニングYouTubeはトレーニングする方にはとてもオススメのチャンネルです!

  • mitsue says:

    Kさん、おはようございます。

    本日は「YouTube」のcodawariありがとうございます。
    私はまだ完全にテレビを捨てきれていないのですが…徐々にYouTubeへ移行しつつあります。

    YouTubeを開くと脳に優しい自然の画像が広がり、癒し系の音や音楽が聴こえます。
    眠る少し前はSNSで疲れた脳を労わることにしています。
    時々、なぜこんな画像が?というものが混じることはありますが、その時はKさんの仰るとおり距離を置きます。

    今夜も自分が選んだ画像を見ながら、聴きながら楽しい夢をみようと思います。
    まだ朝ですが…。
    次回も楽しみにしています。

  • メル says:

    Kさん、こんにちは。

    「嫌いな人とは距離を置く」
    「Not Interested(興味なし)」

    テレビなどのメディア、SNSなど。
    情報は簡単に手に入りますが、
    役に立つかどうかは別問題ですね。

    私はどういった人・場面でも
    「ある程度の距離感を保つ」ことを心がけています。

    最近、強く感じるのが、

    テレビでは視聴率
    YouTubeでは動画再生数

    こういったところを求めている人が多いのではないでしょうか?

    その流れで、(Twitterを例に挙げますが)

    インプレッション数
    プロフクリック数
    いいね数
    フォロワー数
    アルゴリズム

    つまり、数や反応を求める人が増えているということ。

    特に日本人は他人と比較している人が多い印象です。あくまでも個人的な印象ですが。

    だから、情報に偏りができ内容が伴っていない。それは「お金を稼ぐ」ことに執着しているから。

    これに尽きるのではないでしょうか?

  • 美保 says:

    Kさん、拝読しました。

    できることなら美しいものだけを見ていたいし、美しい世界だけを知っていたいと心底感じていますが、なかなかうまくいかないものですね。

    世界の歴史や、それを乗り越えた人を知ることは大事にしていますが、
    胸を痛める人間の駆け引き模様を鑑賞するのは、とてもお気の毒すぎます。

    YouTubeはとても重宝しているので、知るべきことと知らなくても良いことの分別を付けられるように、Kさんの素晴らしいアイデアを取り入れてみたいと思います。

  • Nobutoshi says:

    Youtubeは楽しいけど厄介な存在。

    そっか。自分なりにカスタマイズしてしまえば良いんですよね。

    付き合い方もうまく考えていく事で有意義なものになる。

    これは早速実践していきたいところです。

  • 石黒知行 says:

    こちらのコラム拝読中にも、
    急上昇ランキングにつかまり40分、
    海外のセレブ番組にハマり60分…
    多動気味の私にとって、外的環境を整える事は
    急務なようです!

    しかしせっかく整えた私の美しいYouTubeも、
    娘に貸したiPadはすっかり、厨二病気味な
    JSワールドに染め上げられて返って来ます。

    そのYouTubeには日常会話よりもリアルな
    彼女の興味関心ナウが刻まれており、
    そこから会話が盛り上がることもしばしばです。
    これぞ家庭内アルゴリズム活用?

    それが人類規模で行われていると思うと複雑ですが、
    お互いハッピーならそれでもよいのかな、と
    お気に入りのユーチューバーについて熱く語る
    娘にうなずきながら、思うのです。

  • Kさん、おはようございます!
    今朝は、雨上がりで家の中に少し涼しい風が入りこんで、日が昇るまでは凄しく過ごせました。

    我が家では、3S政策を知ってから、テレビはご法度にしてきました。
    もう13年程前からです。
    家内はテレビ好きなので、子供が寝静まってから見てもらうようにしています。
    お蔭で、朝晩の食事時もテレビのない生活が、当たり前となり、代わりに子供達からの楽しい会話が、食事時の我が家の大切なおかずになっています。

    ところが、子供たちが大きくなってパソコンを触り始めたら、テレビの変わりがパソコンになってしまいました。
    子供たちは、パソコンに釘付けになりました。
    パソコンは、テレビよりも更に悪く、自分の興味あるものが次から次へと流れてくるので、思考がパソコンに完全制覇されているような感じになってしまいました。

    今回のお話、とても参考になりました。
    確かに、思考を上質にすれば、上質な環境も作り出せますね。
    上質な環境は、上質な思考を生み出しますよね。

    そういうものには触れない環境。
    TTPします。

    今日も、ありがとうございました。

  • Yuto Ueda says:

    自分が必要としている環境は自分で整える。
    ちょっとした一手間で、見える景色が変わるほど有意義なことはないですよね。
     
    削り、磨き、厳選されたKさんのチャンネル登録欄がすごく気になります。
     
    いったいどんなラインナップなのか…
    おそらくあまりの美しさにため息が漏れてしまうことだけは想像がつきます。

  • 留莉 says:

    Kさん今日も素敵な記事をありがとうございます!

    KさんのYouTubeとの付き合い方を拝見させていただき、今後の情報との付き合い方を見つめ直す機会にしていきます。

    気を抜くとネガティブな情報に引っ張られてしまいがちですが、今日紹介していただいたような方法で取捨選択できるのはいいですね。

    美しいものに触れると、心も美しくなっていくように感じます。

    そんな情報に触れられるように、日々意識して参ります。

    今日も貴重な学びをありがとうございました。

  • あや says:

    Kさん、こんにちは☆

    情報についてのこだわりを教えて頂き、ありがとうございます。

    以前Kさんはテレビはいっさい見ないとお聞きして、どのように情報収集をされているのだろうと疑問に思っていましたが、
    自分に必要な情報だけが入ってくるように設定ができる媒体を使われていたんですね!

    テレビを見ていないと、世間一般の人と会話をする際に話についていけないことが怖いと思っていましたが、それをどう判断するかも、私の問題なんだなって最近は思うようになりました。

    Youtubeでは、自己啓発系動画をいつもは見ているのですが、気がつくとジャニーズ動画で癒やしを求めている自分がいます。

    AIによって見ている人の好みの動画をオススメしてくるから憎いですよね。
    携帯依存の廃人にならないように気をつけていきたいと思います。

  • 美希 says:

    まさに廃人なっていた今日の私に、もっと早くcodawari見とけよ〜!と言いたくなる内容でした。。
    言語設定と地域、チャンネル登録など、改善できるところはたくさんありますね!
    完全に盲点でした。
    さっそく今すぐ設定しなおして、沼に入らないようにしておきます。
    有力な情報ありがとうございます!!

  • 石井正子 says:

    こんばんは!

    全くもって、諸手をあげて賛成です‼️

    怖い怖いと言いながら感染者の数やら、事件やらを気にしながらTVを観るなら、好きな音楽を聞いたり、綺麗な景色をYouTubeで観た方が、どれだけ有意義か!!!

    私は好きな映画もチョイチョイ観たりしています。

    U-NEXTにAmazonプライムにNetflix。

    お家映画館はペットも可ですから(笑)
    *我が家はプードル5頭の大所帯。

  • 翔平 says:

    Kさん、こんばんは。

    ここ4ヶ月くらい人生を見直すようになり、
    私もテレビからの情報をシャットアウトしました。

    テレビを見なくなるだけで、
    Kさんがおっしゃるように「良いものを適量だけいただきたい」ということを身に染みて体感しております。

    テレビを見なくなり、YouTube視聴する回数が
    増えて無駄なリソースを消費してしまうことが
    たまにあるので、私も醜いサムネイルには、迷わず「Not Interested(興味なし)」を選び、
    美術品のカタログのようなチャンネルにしていきます。

    本日の記事もありがとうございました。
    とても楽しかったです。

  • 貴明 Takaaki says:

    Kさん、こんばんは。
    今回も記事を楽しく拝見させていただきました。

    モノは使いようであると感じた記事でした。
    料理人が包丁を握れば美味しい料理ができるが、悪人が包丁を握れば事件が起きるのと同じように使い手の考えた方一つで良くも悪くもなりますね。
    
YouTubeも使い方、少しの設定変更だけで時間泥棒から学びあるものへと変わるのですね。早速私も実践してみます。私もテレビを見なくなり、YouTubeを見る頻度が増えましたがどうやら悪い使い方をしていたみたいですね。

    次回も楽しみにしています。
    ありがとうございました。

  • 江畑直人 says:

    Kさん、こんばんは。

    良い情報を適量だけ取り入れるための、
    Youtubeの扱い方についてのcodawariの紹介ありがとうございます。

    Youtubeは特にこれと言ってお気に入りが無いので、入ってしまうと何かしらの動画に食いつき時間を無益に使ってしまうため、Youtubeはなるたけ見ないという選択肢を採っていましたが、
    「こんな使い方もあるんだ!」とすごく、勉強になりました。

    情報の付き合い方を見直させてくれる、記事ですね。

  • なかむぅら(中村) says:

    本日もCodawariの記事をありがとうございます。

    YouTubeとの付き合い方は、とても考えさせられました。確かにカオスな情報ばかりですね。

    環境を変えるには、付き合う人や住む場所、更には仕事を変えることがよく言われておりますが、付き合う(出会う)情報も意識的に変えることが出来る。
    芸能ゴシップなどには1mmも興味はありませんが、惰性的に情報を入れてしまっているなと、改めて感じました。

    質の高い言葉や思考、そして食べ物で人生を設計していくにあたり、質の高い情報を取り入れるのも見逃してはいけませんね。

    本日も新しい気付きをありがとうございます。

  • 水澤亮也 says:

    Kさん!今日も素晴らしい記事をありがとうございます♪
    YouTubeの付き合い方改めて考えさせられました。
    自分は勉強するときにしかほとんど開いていません。

    例えば、両学長(お金の勉強)西野亮廣(ビジネスについて)メンタリストDaiGo(広く浅くの教養のため)

    などの人たちを見ています。
    そのためか、わたしのおすすめ欄には勉強関連の動画しか流れてきません(笑)

    それらを見て本当に為になっているのか、それは不確定要素が多くあります。

    しかし私は、それが勉強になるかならないかじゃなくて、どう落とし込むか、アウトプットするかで吸収できることを出来るだけ吸収しています。

    Kさんが言っていらした通り、アウトプットする前提で学べば、インプットできるものが増えるので、アウトプットをする前提でインプットをしています。

    私はまだ大金を自己投資に回せるような資金を持っていませんので、学べる媒体から学ぶしかありません。

    学ぶことをやめず、将来稼げるようになっていると信じて、インプットを続けていこうと思います

  • みゆき says:

    Kさん、こんばんは!

    情報が簡単に手に入ってしまうからこそ
    目にする情報は綺麗な物がいいなと
    改めて思いました。

    特に子どもがYouTubeが大好きで
    そこから得る情報が多くいつの間にか色んな知識を付けていて、ビックリさせられることがあります。

    情報を自分で選ぶことが早くなったからこそ、気をつけて行きたいこと、見せてあげたいことが変わって来ると感じました!

    ありがとうございました。

  • ケイタ says:

    Kさん

    KさんのようなYoutubeの使い方をしり、
    本当に目から鱗でした。

    私も雑音でしかないテレビから離れ、ようやく3ヶ月
    YoutubeもBGMや気分転換用のお気に入りの釣り番組のみ。

    勝手にはいってくる情報にフィルターをかけることで
    まるで美術館のカタログの様にすることが意識をすることで
    毎日がノイズから解放され、自分自身でより豊かな時間を
    作り上げていきたいと強く感じました!

  • 雄貴 says:

    Kさん、こんにちは。
    本日もとても学びの深い記事をありがとうございます。

    久しぶりの記事楽しみにしていました♪

    YouTubeは使い方次第で天と地ほどの差が生まれる媒体ですよね。

    私も基本的には、著名人のチャンネルでマインドや社会の仕組みを学ぶために使っていますが、

    一度気になるサムネイルが目に入ってしまうと、ついつい時間を浪費してしまう事がたまにあります。

    YouTubeに限らず、そのような突発的な誘惑にハマらない仕組みを整えておく事が大切だと感じました。

    自分の捉え方次第で第2領域にも第3領域にもなり得るので、気をつけながら使っていきたいと思います。

    次回も楽しみにしてます。

  • Karin Ishikawa says:

    Kさん、本日も素敵な記事ありがとうございます。

    本日の記事を拝見して、私もテレビを見ていると知りたくないことや混乱してしまう情報まで頭の中に入ってしまって刺激が強いと感じていました。

    その点、YouTubeは自分の得たい情報だけで満たすことができてとても素敵だと思いました。私は今までYouTubeでも自分に不必要な情報を得ていたのでこれからは、自分の好きな音楽や情報が流れるように、Kさんのような使い方をしようと思いました。

    それをカスタマイズしていくのも楽しそうですね。
    本当に貴重な記事ありがとうございます。

  • YUKIE says:

    youtubeとの付き合い方。
    子供の夢ランキングにユーチューバーがあるように、
    今や老若男女がyoutubeにハマるのは、時代の趨勢なんだろうか。

    昨今はメルマガよりもyoutube登録を推進され、
    辟易しているが、
    youtubeをデザインする方法を得ることができた。

    社会部政治部記者として、
    殺人事件や政治家の汚職を追いかける日々を送ってきたが、
    それらの否定ではなく、
    youtubeとの付き合い方で安堵した。

    youtubeを制するものは、次世代を制するのかもしれない。

  • みきこ says:

    Kさん

    いつもありがとうございます!

    活動をお休みしていた時、YouTubeに走っていた事があります

    その時はメンタルが落ちていたため、物事に過敏に反応し、大地震がくるといったデマまがいの情報ばかり観ていて、今思うととても勿体ない時間を過ごしていたと気づかされました

    今回の記事を拝読して、情報は自分で取捨選択ができるという事を改めて学びました

    溢れすぎている情報の中から、最適なものを選んで聴きたいと思います
    まずは、アメリカに設定するところからTTPさせていただきます!

  • 澤見優子 says:

    Kさん、こんにちは‼︎

    早速素敵ですね‼︎
    なるほど!
    アメリカに設定して
    サブスクをエリートにシフトチェンジ‼︎
    美術館に早変わり‼︎

    即やります。

    ちなみに私は
    メディテーションやカフェミュージックでした。視覚的要素も取り入れて行くことで、よりグレードアップした日々をクリエイトできそうです。

    カナカナいっぱい使っちゃいました。

    次回も投稿を楽しみにしています。

  • Rie says:

    KさんのYoutubeのオススメが美しすぎて
    驚きました・・!私の今現状のYoutubeは、目が惹きつけられるような
    サムネイルがドカン!とあるようなものが多く
    毎日「見たい!」という誘惑と戦っております。
    少なくともそれらを見て、学べる。という事はないので
    自分から選択するということは大切ですね。

    人間関係や環境整理と同じく、とても大事なことだなぁと思ったので
    見直そうと思います!
    有難うございます。

  • 肥田全弘 says:

    情報もデザインすることが重要ですね。
    必要がない情報が、目に入ってくるだけで、体力も思考も時間も、どんどん奪われて行きます。

    自分にとって必要な情報、楽しめる情報、美しい情報に囲まれて過ごして行きます。

    今日もこだわりをありがとうございます♪

  • ハヤト says:

    Kさん、こんにちは。

    私は、無駄に時間を過ごしていると感じYouTubeは消していました。
    しかし、勉強するのに非常に有効な面もあるため、再びインストールしましたが、それら以外のチャンネルは見ないようになりました。

    改めて情報が溢れているなと思うばかりです。
    これだけ素晴らしいものを無料で学べて良いのかと感じます。

    最近は、このような素晴らしい映像や、情報を伝わりやすく発信するためにどうしたら良いかという観点から視聴しております。
    それはもちろんKさんの動画を見ても同じくです。

    本日もありがとうございました。

  • 孝輔 says:

    Kさん、こんにちは!

    「YouTube」という多くの方が触れるものへのCodawariを教えて下さり、ありがとうございます。

    このメディアを扱いきれずに"0か100か"のような向き合い方になってしまっていました。

    なので、メリットがありながらもデメリットがあまりにも大きく感じていたため、できる限り使えないようにする仕組みで対応していましたが、今回の記事から何事にも上手な付き合い方があるのだなと学ぶことができました。

    今回はYouTubeの利用法を早速、実際させていただくと共に、他の物事においても自分の選択として扱えるように工夫して付き合ってみたいと思います。

    このような在り方はどんどん人生を自由にさせていくと感じますので、色々と試していくことが愉しみです。

    素晴らしいシェアと気付きのキッカケを与えてくださり、ありがとうございました!

  • 早紀 says:

    Kさん

    Youtubeとの付き合い方、私は主に
    BGMとして活用しています。

    youtubeが学びの場として
    活用されるようになった今も尚、
    昔からの自分との決まりが
    根強いせいでしょうか。

    私のプレイリストは、カフェミュージックや
    瞑想の時のシンギングボウル、
    森の清流の音などばかりで
    美しい自然の景色の表示が多く、
    カオスな見出しに触れずに済んでいます。

    現代の情報はさまざまなジャンルがあり、
    フェイクもあり、
    その情報に飲まれるか、正しく付き合うことができるのか、
    自分にかかってきますね。

    ファッション誌や高級ホテルのチャンネル登録、美しい光景を日々に取り入れることができて素敵です。
    海外に行きた過ぎて、海外の高級リゾートホテルのPVを見てはうっとりしていたことを思い出されました。

    今後もさらに美しいTIPSを
    取り入れていきたいと思います。

  • りゅうき says:

    本日も素敵な記事をありがとうございます!

    YouTubeの使い方を改めて考えさせられる記事でした。

    自分で投稿しているからこそ、みてもらうための工夫をするべきだし、
    見る側としても極力みないものは排除すると言う設定にしたいと思います。

    充電がなくなるまで携帯を見る。
    耳が痛いです。

    付き合い方を変えます。

    次の記事も楽しみにしています。

  • 記事へのコメント

    メールアドレスは公開されません