2021-06-18

ダメ人間日和

いかなる文明にも、衰退期があるように、永久に繁栄し続けるものはない。

同様に、煌びやかに見える人にも、心が折れる夜や、駄目になる瞬間はあるのだろう。

 

私の場合、季節の変わり目に、駄目人間になる傾向があり、

普段は、出木杉くんのように鍛錬に励んでいても、

その時期だけは、のび太くんばりの駄目人間になってしまうのだ。

 

ちょうど今朝は、初夏の訪れを感じさせる駄目人間日和だった。

私はいつまでもベッドから出られず、流動食しか食べる気にならず、

おまけに正午まで、古いドラえもんの映画を観ていた。

 

思考回路も、典型的な駄目人間のそれで、

「どうしたら、空を飛べるのか?」とお花畑的な妄想しか浮かんでこないのだ。

 

しかし、私がここまで駄目になれるのは、せいぜい半日だ。

なぜなら、闇に落ちるたびに、その傾向を分析し改善を重ね、

今では「復活の儀式」を4つほど持ち合わせているから。

 

あくまでも個人的な儀礼だが、

役に立つ方がいるかもしれないので、ひとつご紹介しよう。

 

私の場合、駄目人間になる最大の要因は、身体の疲労だが、

精神が原因を作るときは、理想と現実の乖離に悩んでいるときだろう。

 

人は、短期間のうちに情報に触れすぎると、

身体からの信号を無視し、頭だけで処理をはじめ、地に足が付かなくなる。

そこで、完全にスイッチが切れるのだ。

 

そのため私が、駄目人間の自覚を持ったときは、

嗅覚を刺激しながら、意識を「今ここ」に向けるようにしている。

 

ご存じの通り、嗅覚は、

我々の原始的な脳に対し、最速で作用する感覚器官のため、

ここを刺激すると「将来」や「他人」ではなく

今の私」に意識が向かいやすくなるのだ。

 

今朝の私も、ドラえもんの映画を終えた時点で、

激しい自己嫌悪と危機意識を感じたため、

お気に入りのアロマを用意し、復活の儀式を始めた。


ナウマン象の足裏の匂いを嗅いで、甘い初恋を連想する人がいないように、

復活の儀式では、前向きな気持ちになれるように、

あなたが知る限りで、最も素敵なアロマを用意して欲しい。

 

私の愛用は、英国のコスメ・ブランド、オーガニック・ボタニクスだ。

英国土壌協会の厳正な審査をクリアした植物の精油を使い、

ローズ、ネロリ、イランイランなど、複数のハーブをブレンドした逸品である。

 

どの品も、花のブーケを手にしたときのアロマが立ち、

目を瞑って深呼吸をすれば、天使から天国へ誘われているような気持ちになる。

※そのまま昇天しないように気を付けていただきたい

 

もしも、この香りに包まれている状態で、嫌いな上司の顔が浮かぶなら、

それはもはや、一周周って、好意を持ち始めている可能性を疑うべきかもしれない。

あるいは、アロマが足りない可能性があるので、焚いてみてはいかがだろう。

アロマが部屋に充満したら、目を閉じて「今ここ」に集中して欲しい。

将来叶えたいことではなく、今、得ているものを

他人への憧れではなく、あなたに備わっているものを

 

もしあなたが、今の自分を心地よく受け入れられるのであれば、

また「今ここ」から、人生を愉しんでいけるはずだ。

 

PS(追伸)

Kは、偏屈で気難しい人物である。

それゆえ友達が少ないため、申請してあげると喜ぶに違いない。

関連記事

コメント36件

  • Sayuri Si says:

    Hello Mr.K!
    ダメ人間さがキュートで想像を遥かに超えた内容に目が釘付けとなりました。
    アロマを利用するところが、オシャレですね。
    英国のアロマは質が高く嗅覚細胞も喜ぶでしょう。復活の儀式、あるとダメ人間から脱出するのにとても役立ちそうだと感じました。

  • 石黒知行 says:

    ドラえもんに浸り、空中浮遊に思いを馳せる…
    ほんのりキッチュで、何と素敵なモーニング!

    …と感じている私をも責めることなく、
    「今ここ」の意識でチューニングします

    そうこうしている間にも、
    「イマココスイッチぃー」
    という彼の声が頭から離れない
    愛すべき、駄目な私なのです

  • Nobutoshi says:

    ダメ人間になる。
    とても人間らしくてホッとしました(笑)

    そんな時の回復方法もcodawariによって復活する術を持っているのは流石ですね。

    アロマは未体験ゾーンなのでそんなに効果があるのか?ですがトライしてみようと思います。

  • 琴美✈︎kotomi says:

    「Kさんもダメ人間になる日があるのか!」と内心少し嬉しかったです。

    私は半日どころではなく1日中ダメ人間な日が多く、「気の済むまでやれば、いつか飽きてスイッチ入るかな?」と私の復活方法はそんなゆるゆるなものだったので、今度からは是非Kさんの復活の儀式をやってみたいと思います。

    目を瞑って「今ここ」に意識を向ける。

    過去でも未来でもなく、「今ここ」が大切なのですね。

  • 秀道 says:

    Kさんいつも学びの多い記事を拝見させていただいてます。

    一見、完璧に見えるKさんでもその様な思考になる時がくるのですね!不謹慎ですが、勇気づけられました。笑

    ダメ人間日和ということで、
    僕はカフェで仕事をしている時は良いのですが、自宅に書斎と呼べるものが無いので少しでも疲労を感じるとベットかソファーに寝転がってしまいます。(気付いたら1時間経過)

    日和というか、ある種の習慣にも近い状態であると改めて感じましたので儀式よりもまずは環境整備に努めます!

    ですが、僕も嗅覚を直接刺激するアロマを活用した儀式を実施し、「今ここ」に集中してリセットする術を身に付けていきたいと思います。

    クスッと笑う箇所が多過ぎて最高の記事でした。
    ありがとうございました!

  • 亜也可.ayaka says:

    ダメ人間日和、このタイトルを見て内容が楽しみでした。

    何故ならばわたしはダメ人間という言葉にはなかなかに親しみがあり、
    タイトルにつけるくらいならばダメダメ尽くしの日があのK氏にも…と密かに期待をしておりました。

    ですが花のブーケの香りに包まれたフィナーレで締め括られる記事を拝読した今、そんなミジンコのような発想をしてしまった自分が恥ずかしいです…

    「今、得ているもの」
    「わたしに備わっているもの」
    「今ここ」に集中する、
    この言葉が深く胸に突き刺さります。

    将来でもない、他人への憧れでもない
    「今ここ」を香りを通して感じて人生を愉しめる人になりたい…!

    K氏のcodawariを参考に、お気に入りの香りとアロマウォーマーを探しにいきます。

  • 青柳将人 says:

    Kさん。
    こんにちは。

    今回も素敵なコダワリ記事の投稿ありがとう
    ございます。

    僕はダメ人間日和になることがよくあります。
    どうしても動きたくなかったり、それこそ
    蝉の抜け殻のごとくふわふわしてます。

    Kさんにもそのような一面を垣間見て、読んで
    いるときにクスッと笑みを浮かべてしまいました。

    復活の儀式は僕にはありませんでした。
    Kさんのように嗅覚を刺激して呼吸を整えるが
    なかったのでこれからは真似をして嗅覚を
    刺激て呼吸を整えることをします。

    素敵な知識とコダワリを共有させていただき
    ありがとうございました。

  • 雄貴 says:

    これまで数々のこだわりを披露されてきたKさんも、
    のび太くんのようになってしまう時があると聞いて、なんだかホッとしています。

    そして、今回の記事の

    将来や他人に目を向けるのではなく、「今ここ」を愉しむこと。

    は、今の僕にとってもの凄く大切な事だと感じました。

    将来への不安な感情や他人への嫉妬心を抱き、自分を見失ってしまう事がよくあるので、

    自分も復活の儀式を取り入れて、いち早く「今ここ」の自分に戻ってこれるようにしていきたいと思います。

  • Yusei says:

    私も最近ダメ人間になりつつあったので、
    とても参考になりました。

    復活の儀式として嗅覚を起点に
    「今の私」に集中すると気持ちが落ち着いてきますね。

    よく午前中を無駄に過ごしてしまったと思い、
    自己嫌悪に陥りやすいので
    今後取り入れてみます。

    実際の体感を通してもとても納得出来ます。
    私はSHIROのフレグランス「SABON」の香りが好きで愛用しています。

    有益な記事をありがとうございました。

  • 剛熙 says:

    Kさん、おはようございます!

    ダメ人間日和。
    楽しく読ませていただきました

    確かに情報に触れすぎた時、僕の頭もさまざまな思考で掻き乱され錯綜します。

    そうゆう時僕も瞑想をするのですが…
    アロマというものは全くもって焚いたことがなく、柔軟剤のいい香りで代用しておりました。

    今日ちょうどアロマ専門店があるところに行く予定があるので、何か一つでも買ってみて昇天寸前まで行ってみようと思います

    ありがとうございました!

  • 秀直 says:

    臭覚が今ここのそのままの現在位置を指し示す感覚の一つであるとなるほどと気づかせていただきました。

    飲み過ぎ、食べすぎ、夜更かし等は20代までのことでしたので最近はダメ人間になることはほぼなくなりましたが、いい香りを嗅いで脳にいい空気を流し込む行為でスタートを切るのはいいですね。
    心にも余裕が持てそうです。

    日々の忙しさの中にもちょっとの癒しを取り入れたいと思います。

  • いくみ says:

    いつも素敵な記事をありがとうございます!

    『ダメ人間になる瞬間』がkさんにもあるのか!とホッとした反面、『脱ダメ人間の方法を持っているのか』とやはり驚きも隠せません。

    嗅覚が『今ここ』に意識を持ってくるために重要な役割を果たしていたのですね!(たしかに、美味しいご飯の匂いがしてくるお、どんなに嫌な気分でもニコッとしてしまいます。)

    アロマオイルなどを使っても、良い香りで落ち着くな〜くらいにしか思っていませんでしたが、
    お気に入りの香りを見つけて、気持ちをフラットにするため勝負アロマ的なものを見つけたいです!

    次回も素敵なCodawariを楽しみにしています!

  • MAKO says:

    Kさん、いつも素敵な記事をありがとうございます。

    僕自身ダメ人間になったときはハッカオイルを顔のツボにあてながらマッサージをするのですが、アロマを焚くというのは火を使うのでより儀式としての所作としてふさわしいのではないかと思ってしまいました。
    火を見ると癒されますし、視覚もつかわれているのですね。

  • 早紀 says:

    Kさん

    何にもしたくなくなるダメ人間だなぁと我ながら思う瞬間
    そこに予め復活の儀式を考えておくことで、
    切り替わりも半日程度でできますね。

    アロマなどは「あ、いい香り」と今ここに向き合える存在
    ヨガや瞑想の時など、アロマもお香もあらゆるものを使いますが、今ここに向き合うための要素はあくまで瞑想であり、香りはそのサブ的存在として、Kさんのように捉えたことがなかったなと思いました。

    「今、ここ」に立ち直るためとしての意識をこれからはもって、
    暮らしの中で大事な存在である香りと接していきたいと思います。

  • Yuto Ueda says:

    一見完璧に見えるKさんでも、ダメ人間になる日があるのですね…
     
    そうなってしまうと事前に分かっているからこそ、きちんと対策を立てられているのだなと思いました。
     
    KさんのCodawariは、そのどれもがKさん自身を熟知しているからこそ生まれるものなのではないか、という仮説に最近行き着いています。

  • shingo says:

    自分がだめになったときの
    復活の儀式、スイッチの入れ方は
    しっかりと決めておく必要が
    あるのですね!
     
    ヘタをするとそのままダラダラと
    過ごしてしまいそうです。
     
    自分の場合は、ポジティブになれる
    動画などを、いくつか見たりという
    方法はなんとなく考えてはいたのですが、
    アイテムとして、アロマを使うことは
    考えつかなかったので、復活のための
    マイルールをいくつか決めておいたほうが
    良さそうですね!

    貴重なお話ありがとうございました!

  • 佐藤洋美 says:

    Kさんいつも素敵な記事をありがとうございます!
    Kさんでものび太君のようになることがあるとはとても以外です!
    Kさんがドラえもんを観ている姿を想像すると、失礼ながら母性本能をくすぐられてしまいました。
    さすがのKさんは香りを使ってしっかり復活されるのですね!私も香りを利用して「今ここ」に集中しようと思います!

  • 真里 says:

    日頃から感覚を研ぎ澄ませているKさんだからこそ、季節の変化も敏感で身体が対応しきれていないのかもしれませんね。ドラえもんの映画、何故それをチョイスしたのか、そしてどの作品をご覧になったのか気になる所ではありますが、古い方の映画をチョイスされたのは今の作品の色鮮やかな作品よりも少しくすんだ昔ながらの優しい色調の方が癒やされるからなのでは?と愚考します。鉄人Kさんでものび太君になるからこそ、どんな人にもそういう事が分かると全人類が理解できれば地球は本当に優しい星になれそうな気がします。
    復活の儀式のシェアをありがとうございます!ナウマンゾウの足の裏の匂いじゃなくて安心しました。昇天しそうな素敵な香りに包まれると私ならそのまま眠りの世界に誘われそうですが、Kさんはその香りで復活するようインストールされているのですね。特別なアロマだからこそ、自分を蘇らせる起爆剤になる。
    いつも素敵なお話をありがとうございます。

  • まれすけ says:

    うわぁ。
    Kさんにもそんな日があるのですね。
    とても意外でしたが、その立て直し方がすごい。
    嗅覚が脳に対し最速で作用するということは、確かにそうかもしれません。
    金木犀の香りをかぐと、高知の田舎町の風景が浮かびます。
    記憶と直結しているんですね。
    そこで、リラックス効果のあるアロマを焚き「今の自分」に意識を向ける。
    なるほど、そうすれば自分を俯瞰で見ることができるので、自分ではっきりと自分の状態が理解できるのかもしれません。
    作業前には覚醒作用のあるもの、就寝時にはリラックス効果のあるものを、友人の調香師にブレンドしてもらっています。
    今度、落ちることがあったら、K流の復活の儀式をTTPさせていただきます。

  • 祐輔 says:

    本日も素敵な記事をありがとうございます。

    Kさんにも駄目人間日和が来るということに親近感を湧きました。それと同時に、自己の傾向を分析し改善を積み重ねられる緻密さと自己を律するところに圧倒的な違いを感じました。

    私は駄目人間日和が来ると長く引きずってしまい、食や睡眠が対処法だと考えていていたのですが、そもそもそれが根本的にズレていたことや“嗅覚を通して今ここに意識を向ける“ことを知り、目から鱗状態でした。

    リラックスしたい時や意識を集中させる時にも
    マイルールの儀式を持っておく必要性を感じました。

    次回も楽しみにしております。
    ありがとうございました。

  • MINORU SHIBATA says:

    kさん、こんにちは。
    素敵な記事をありがとうございます。

    ダメ人間からの復活の儀式、とても納得のいく内容で参考になりました。
    脳への刺激が行きやすい嗅覚を使って、自分の感覚を「今」に戻すマインドフルネス、とても素晴らしい学びで、ダメになったらこれをしよう。というプリコミットメントで堕落の勿体ない時間をいかに素早く戻すことへのこだわりは、流石としか言いようがありません。

    今回も内容の濃い記事をありがとうございました。

  • 美穂 says:

    昨日は宇宙パワー的なる何かが、地球人にイタズラしていたのでしょうか?

    私も例外なく駄目人間を大満喫した1日でした

    そして、香りという共通点で、私はお香を焚いていました!

    ドン・キホーテで手に入る安物ですが、「何も考えずに馬鹿やってた頃」にタイムトリップできる便利な香りです(^.^)

    自称「自己成長オタク」として生きる私も、常に成長することを考えてると、時に考えることの多さに気が遠くなることがあります。

    そんな時の私の対処法は「馬鹿もやり尽くせば飽きるでしょう。作戦!」です!

    その状態に誘導してくれるのは、古い記憶を蘇らせてくれる懐かしの香り。

    白昼堂々酒を飲み、好きなものを眺めて昼寝…「堕落☆ライフ」の究極を生きました!

    そして私は、K様のようにお後がよろしくないので、起きたら昨日の後始末からスタートです笑

  • 貴明 Takaaki says:

    Kさん、いつも上質な記事を拝見しています。
    ストイックで心身のなマネージメントが一流な貴方でもドラえもんを見て思いに耽けることがあると思うととても親近感が湧きました。
    そして今回は駄目人間になった時からの復活方法について目から鱗な情報を知り得てとても嬉しいです。嗅覚に良い刺激を与えることは今の自分に意識の焦点をあてることができることは無臭主義の私には新しい試みができそうです。
    私だったら駄目人間の状態になったら惰眠や暴食に偏りがちですけどどちらも長い目で見れば悪い状態に悪い対策をしているとしか思えないと気づきました。
    今回は嗅覚についてですが、今自分の行動を鑑みると無意識的に自分自身の5感を蔑ろにしていたのかもしれないです。Kさんのこだわりの記事は気づきに繋がります。
    これからも楽しみにしています。

  • 貴子 says:

    Kさんにもたまのダメ人間日和があると聞いてほっとしました。
    Kさんなら本当に空の飛び方を開発しかねない気もしますが。
    さっそく今日はお気に入りのアロマでスッキリとした朝を迎えております。
    さて、
    ”ナウマンゾウの足の裏の匂い”
    と聞いて
    以前紹介して頂いたAromaster(アロマスター)を思い出しました。
    アロマスターに取り入れてあってもおかしくなさそうですよね。
    香りと記憶は密接な関係があると言われていますので、遠い昔、初恋の人とナウマンゾウが倒れてる付近で愛を語り合っていたとしたらその記憶が蘇ってくるかもしれませんね。
    そんなことを想像して愉しめている
    「今ここ」
    の私はおかげさまでとても幸せを感じます。

  • Nobue says:

    駄目人間になった時にどう対処するか、嗅覚から入るKさんのアロマ対処法にはなるほど!と思いました。
    私は一度駄目人間モードになったら期間が長くなるのを自覚してます。
    これまで自分なりに考えていたプリコミットメントでは食べる、寝る、観る、気晴らし行動、とシンプルな対処法しか考えてなかったので、より早い回復の為に今後は嗅覚の刺激も積極的に取り入れていきたいと思います。
    「今ここ」の意識も大切ですね。 出来ない事を認めてクヨクヨするのではなく、今得ているものにフォーカス。 素適なマインドですね、忘れずにいこうと思います。 ありがとうございました。

  • なかむぅら(中村) says:

    本日もCodawariの記事をありがとうございます。
    Kさんにも、駄目人間になる時があるのだと思うと同時に、それを受け入れて、原因を分析し、対処方法を複数お持ちでいられるところが、さすがです。

    私も日頃、情報過多になり、全ての情報をシャットアウトしてしまう瞬間があります。

    そんな時は、意識を「今ここ」に向けるんですね。
    「今の私」と向き合うことを、普段、意識することがありませんでした。

    常に将来を見据えて、気持ちばかりが先走り気味でした。
    まずは、「今の私」を受け入れることから始めてみます。

    本日も素敵な気付きをありがとうございました。

  • Sota says:

    ドラえもんはいいアニメだ。
    昔の大堂アニメは、大人も楽しめるアニメというのが柱にあったように感じるが、
    最近のそれらは少し子供向けになったかのように感じる。
    『不適切な表現』『子供に悪影響』

    僕から言わせれば、表現の自由は大昔より定められているし、今時の子供はネットから情報を仕入れるスキルと環境がある。

    何にせよ、無駄だ。どんなに悪いものを見せようと親がきっちりと子供と対話し、理解として落とし込めば、それらは子供の成長を阻害する要因には成り得ないだろう。

    また、ダメにある日があって良いじゃないか
    ダメな日がないKさんは、完成されたミロのヴィーナスのようにつまらない。
    不完全だからこそ、其方は美しい。

    だがしかし、ダメな日が連日続く私のような人間こそ改善が必要だ。
    今日もよく撮った、今日もよく堕落けた。
    息をしている自分に、乾杯笑

  • あめ says:

    つい昨日どこでもドア現れないかしらんと夢想していた私にとって刺さる記事でした。
     
    駄目人間になるのが問題なのでなく駄目人間になった後どうやって立ち上がるのかが重要なのかを示してくださり夢見がちな私にとって心強いです。
     
    お花畑からの脱出に花のブーケのアロマとは香りとは奥深いものですね。

  • 石井 正子 says:

    こんばんは。
    本日も楽しく拝見致しました‼️

    Kさんのコダワリに自分と似ているところを見つけては、1人ニヤニヤしているワタクシです

    私は7〜8年前から、doTERRA、ヤングリビングのオイルを愛用しています。

    朝起きてから夜寝るまで、その時々に応じて使い分けています。

    香りは鼻から入って血管を巡るのに数秒から数十秒。
    それだけに人体に及ぼす影響も大きいのだとか。

    それに、香りには思い出を甦らせる魔法がありますよね。

    私がのび太君状態に陥った時は、亡き主人が好んで使ったオイルを嗅ぎ、その後、しばし、メロドラマの主人公になってから、元気を取り戻しています(笑)

    今に戻るスイッチ。
    私ももっと増やさないと‼️

    これからも宜しくお願い致します。

  • 真佑 says:

    とても素敵な表現で美しい記事のご提供、ありがとうございます。

    イデアKさんも駄目人間になることがあるのだ、、と驚きました。
    駄目人間に陥った時の対処法を知っているのと知らないのとは
    とても大きな差ですね。

    イデアKさんの”復活の儀式”の一つは、嗅覚の刺激なのですね。
    私も、まさに、理想と現実との乖離によって
    地に足がついていない”駄目人間”になっていた
    ここ最近でした。

    アロマが良いとは聴くものの、「今ここにいる私」に
    意識を向けられる効果があったとは知りませんでした。

    原始的な脳に対し、最速で作用する感覚器官”嗅覚”を刺激する
    ”復活の儀式”取り入れてみようと思います。

  • 孝輔 says:

    今回は別角度からの学びをありがとうございます!

    「駄目人間」になる瞬間が、Kさんにもあるのだなと思うと同時に、読み進めていく中で多くの方との"圧倒的な違い"をそこに感じました。

    駄目になることを分析されて、なぜ?駄目になるのか。
    そして、そこからどのように最速で、今ここに自分を引き戻す。
    と言った、自分を具に観察することを決して怠らない姿勢。「自己を律する」とはこういうことなんだなと、感じました。

    駄目になる理由をここまでも明確にされていたことや、そこからのリカバリーの具体性。これまでの記事を拝見させていただいた上で納得です。

    Codawariを持つということが、どういうことなのか?
    このブログのお陰でその輪郭が微かに見えてきたように感じます。

    また、これほどのクオリティーの記事を毎日投稿されていることに、大きな敬意を抱いています。今の僕であれば、駄目人間になったときに投稿できていないことでしょう。

    Kさんの姿を見させていただき、これまでの自分との決別。

    また今日も自分自身を改めようと。
    強く想い、より良くなっていきます。

    本日も素晴らしい学びとシェアをありがとうございました!
    また明日も全力で学ばせていただきます。

  • 肥田全弘 says:

    アロマ…店舗や車で毎日使っていますが、「今ここ」を意識した事はなかったです。

    これから意識したら、また違った感じ方ができますね。ありがとうございます。

    オーガニック・ボタニクスにも注目してみようと思います。

  • 安藤達也 says:

    素敵な記事ありがとうございます。
    儀式ですね。
    私の場合は、アロマではなく、京都から取り寄せたお香を部屋中に漂うようにしています。
    アロマ、ラベンダー、バラなど何十種類とありますが、精神を集中させたいとき、リラックスさせたいときなど、ある意味ここでもこだわりがほしいもの。
    本当にアロマは抜群です。
    次の記事も楽しみにしています。

  • 若菜 says:

    まさか、そんな、イデアにも駄目人間になる時がおありだとは。
    この記事を読んだ人なら漏れなく全員思うことでしょう。
    「ドラえもん見るんですか?」と大勢の読者の方の心の声も聞こえてきそうです。

    オーガニックボタニクスでの復活の儀式、とても良いですね。
    自分の中で「マイ復活の儀式」を持っておくとすぐに対処できて良さそうです。
    ちなみに私の場合は無理矢理にでも外に出て、好きな音楽を聴きながら1時間ほど歩くとだいぶスッキリします^^

    アロマも非常に奥が深く、学び出すと止まらなそうです。
    余談ですが、キャンドルで焚かれたアロマの背景に村上春樹さんの著書がずらりと並んでいるのを見逃す訳にはいきませんでした。
    ピントが外れているにも関わらず、ハードカバーは背表紙の装丁も美しいですね。

    次回も楽しみにしています。
    ありがとうございました。

  • 摩衣 says:

    私も昨日、寝起きが悪いのに始まり、
    締まりのない1日を過ごしてしまい、
    何が原因だったのか…と思っていました。

    初夏のせいだったとは。ありがとうございます。

    上質なアロマと、村上春樹先生との取り合わせ。
    いい夜を過ごせそうな気がします。
    「今」に戻れるスイッチが、いくつかあると心強いですね。

    そしてやはり、ドラえもんはのぶ代に限ります。

  • りゅうき says:

    素敵な記事をありがとうございます。

    こんなに素敵な文章を毎日継続されているKさんにもダメになる時があるのだと驚きました。

    しかし、Kさんは自分がそうなった時の対処法を知っているし、実際に行動できる。

    大事なのは人と比べることではなく、自分が今どの位置にいるのか。
    自分を見つめ直すように、自分と向き合って、これからも自分の目標に向かって活動していきたいと思います。

    次も楽しみにしています。
    ありがとうございました!

  • 記事へのコメント

    メールアドレスは公開されません